観測にまつわる問題

「報道」「イスラムテロ」「インバウンド」仕込中「保守」「諜報」「自民党」「米」「少子化」「憲法改正」「産業スパイ」

沖縄「独立派」はお引き取り願いたい

2016-10-29 12:04:14 | 日記
沖縄の「独立派」の動きに日本は呑気に構えているように見えます。独立したいならすれば?そんな気持ちは正直理解できます。嫌なら好きにしたらいい、スコットランドだって投票しているじゃないか、そう思ってしまうのでしょう。

朝日じゃありませんが、だがちょっと待ってほしい沖縄が独立すること=中国の支配下に入るということです。奴ら「独立派」は、スイスのように永世中立国になることなど毛ほども考えていません。それは明らかです。そんなこと全く言ってませんから。アメリカも中国を封じ込めておくのは、軍事上重要ではあるのですが、フィリピン同様、あそこが日米側であることは、日本にとってこそ決定的に重要なのです。独立しないように本土の人間もより気にかけねばなりません。

沖縄の人にもよくよく、よくよく考えてほしい。中国の支配下より、日本の領土(アメリカ側)であることの方が遥かにマシではありませんか?と。奴らは甘い言葉で沖縄を釣ろうとするでしょうが、騙されてはいけません。釣った魚にエサはやらないものです。香港という実例があるではありませんか?(日本はもっと香港に関心を持っていいと思います)半島は北より南の方が遥かにマシでしょう。チベットやウイグルのようになりたいですか?フラフラしててはいけません。中国が希望を持ってしまいます。希望があるなら、侵略は断念しないでしょう。希望を持たせることが、侵略を誘発するのです。キッパリ日本でいることを示してください。しばらくストーカー化する恐れはありますが、日本(やアメリカ)が全力で守ります(日本だけで中国とやろうと考えている訳ではありません。アメリカという世界最強国家がバックにいます。アメリカの基地が多いように感じるかもしれませんが、地政学上、沖縄を守ることこそが決定的に重要だからこそ、沖縄にいるのです。二次大戦後、アメリカが統治したのは、そういう意味もあるでしょう)

高江の農家、ヘリパッド抗議に苦情 県道混乱で生活にも支障(沖縄タイムス 2016年(平成28年) 10月27日 旧暦 9月27日))

沖縄で抗議活動が住民の生活に問題をおこしているとの記事はいいと思います。抗議はいいとしても、住民に迷惑をかけるやり方はいけません。「独立」派は、住民の迷惑など顧みませんシナや属国根性の朝鮮の工作員がたくさん「独立」派に入り込んでいます。日本人サヨクとは中国に降って一発逆転を狙っている浅ましい奴らなのです。つまりはそういうことです。

土人発言?土人は差別用語だと思いますが、不法侵入し罵詈雑言を浴びせかける連中を軽蔑して言ったのでしょう。ちゃんとした沖縄の人が気にすることはありません。誤解を招いたことは良くなかったと思います。

シナ人発言?シナの手先にシナ人と言ったまででしょう。手先じゃない人が気にすることはありません。手先の人は、せいぜい気にして、吠えてりゃいいでしょう。お前らに対して言ったのですから。完全にバレています。

東大教授の沖縄論評が波紋 「挑発的な次のアクションをどう起こすかだ」 琉球新報が掲載
(産経ニュース 2016.10.27 10:53)

>安冨氏は「非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということ」と前置きし、「抗議する人々が金網を利用して挑発し、日本警察の本質を露呈させた」と指摘した。

「独立」派が本質を露呈させなくとも、悪い連中に対して、警察が柄が悪くなるのは宿命のようなものです(刑事塾)。ミイラとりがミイラになるのは避けなければなりませんが、「独立」派の本質を警察が露呈させたのではないですか?そう思います。

大事なことは、連中が法を破って(不法侵入している)、治安部隊と戦う連中だってことです。何のために?中国のためです。「独立」するためには、ある種の暴力が必要なのですから、それは論理的帰結です。奴らは、沖縄が中国のものであることを研究し、それを隠そうともしません(産経ニュース 石平氏の記事)。信用してはなりません。沖縄には歴史的に中国派も多かったことは理解しますが、今現在実績を見て、どう考えるか、それが重要です。

どっちが先に手を出したか?それは全体から見れば、「独立」派の連中の方からなのです。沖縄は日本なのだから、現状を変えたい連中はそうするしかありません。狡猾だから、日本から手を出しているように見せかけたいのです。こんな光景どっかで見た事ありませんか?そう、尖閣です。同じ手法でシッポは出ているのですが、メディアがどう報道するかによって、県民や国民の受け取り方も変わります。奴らは宣伝戦に力を入れています。こちらも対抗する必要があるでしょう。日本には報道の自由があるから、独裁国と違って、権力者の言いなりに宣伝戦を展開することは出来ません。ですが、中国の支配下に入って「大本営発表」という中身のないチラシを書きたい報道の自由など毛ほども大事にしていない自分の生活だけの連中はともかく、少しでも報道の自由を大切に思っているメディア関係者は、よくよく考え、理念のため、立ち上がるべきでしょう。そうではありませんか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピン周辺の海は日本の... | トップ | 中国の露骨な元安誘導をスト... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む