赤カブ不動産屋の独り言

 赤かぶを作り、漬けて30余年。今年は焼畑は止めて漬けるだけ。
 不動産や広告で起業して8年になります。助けられて。

魂はどこへ…

2017-04-05 17:13:19 | 日記
 昨日は一日休んで、下の娘の入学式へ。
 6年もあるので、無事に進級して卒業して欲しいけどね。
 6年は病に倒れたり、経済的に倒れる訳にはいきませんけど…

 折角の九段下の武道館でしたので。
 堀の桜を堪能して…

 帰りは靖国神社に参拝。
 そして靖国の桜を観賞して。

 靖国神社参拝は年に2-3回します。
 素直に先の大戦で倒れた先人に感謝と慰霊です。

 母の兄は東シナ海で海の藻屑となり。
 父の兄は満州で帰らぬ人となりました。

 叔父たちの魂は何処にあるのでしょうか。
 東シナ海、満州でしょうか…
 故郷新潟で両親の待つお墓でしょうか…
 いや、靖国神社でしょうか…

 参拝の帰りに戦死した飛行兵の親にあてた手紙が掲示されていました。
 千葉上空で敵機に被弾し、戦死した23歳の新潟出身の。

 「後顧に憂いなし」「両親の長生を願う」
 そんな手紙でした。
 後段が本心だと思うのです。
 ですから魂は両親のいるところへと向かったと…

 しかし、靖国を政治問題にしたがる輩が多いのですね。
 正に中国・韓国がそうで。
 国内にもカルト右翼らがいるように(最近話題の籠池某も関連)。

 日本人として靖国神社には素直に参拝します。
 そう、戦死された先人への感謝と慰霊であって。
 A級戦犯合祀なんて大きな問題ではないんです。

 (日本のかじ取りを誤った方々は日本人として裁くのが妥当と思うけど
  そう、極刑をもってと思ってるけど)

 遠い東シナ海で、満州で亡くなった叔父たちの魂は何処にあるのでしょうか…

 昨日の武道館の堀の桜も靖国の桜も綺麗ではあったが。
 何かを思い出させる桜でした。

 今日の桜は浦和の真言宗豊山派玉蔵院の枝垂れ桜でした。
 素直に生きてて良かったと感動できる桜なのです。
 写真は下に載ってます。

 今日も応援いただきありがとうございました。
 社長ブログランキング

 
 
 


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心あらたに… | トップ | 不動産のリースバック・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事