薄毛の原因を解明していこうと思う

2017-06-15 18:25:37 | 日記
薄毛になる要因というのは大きく分けて3つあると仮定できます。
1.遺伝
2.生活習慣
3.男性ホルモン

【1.遺伝】
薄毛になるひとつの要因としてあげられるのは遺伝です。
家族の中に薄毛の方がいるとその子供も薄毛になる可能性があるという事です。特に遺伝については母方の家系が重要となり母方の家系に薄毛の方がいると遺伝する確率が上がるといわれています。(隔世遺伝)
遺伝も2種類存在し先天的遺伝、後天的遺伝にわかれます。先天的遺伝というのは前述の家系による生まれ持った遺伝です。後天的遺伝というのは普段の生活習慣によりもたらす遺伝と言えます。わかりやすく伝えると例えば薄毛の家族と同じ生活習慣をしていればその内その子供も同じく薄毛になる可能性ある。という事です。
後天的遺伝の生活習慣というものも薄毛に対して重要なのでまとめていきたいと思います。

【2.生活習慣】
先天的遺伝があったとしても薄毛になる方とならない方がいます。それは必ずしも先天的遺伝が100%薄毛をもたらすという事ではないのです。
薄毛をもたらす要因のふたつとして生活習慣が大切になってきます。ここでの生活習慣というものは食事、睡眠、頭皮を清潔にしているか、酒、タバコ有無。
食事は栄養を取るために必要です。バランスよく食事を取らなければ薄毛の進行スピードも増します。
睡眠もとても大切です。人間の細胞は寝ている間に作られているので睡眠不足の方は薄毛予備軍になる可能性があるので注意してください。
頭皮を清潔にしている事も大切です。例えばワックスをつけたまま眠ったり、汗をかいたままシャワーに入らずに眠ってしまうと毛穴に汚れがつまり毛穴が呼吸できない為薄毛を進行させます。
酒、タバコについても控えた方が良いといえます。酒についてはアルコールに含まれるアルデヒドが薄毛を進行させタバコについては血液の循環を妨げてしまうのでこのふたつが組み合わさると非常に薄毛になる可能性を増えます。
薄毛を予防するには生活習慣を見直し規則正しい生活を過ごす事が必要になると思います。

【3.男性ホルモン】
話しを初めに戻しますが近年では先天的遺伝の薄毛については男性ホルモンが非常に影響している。という説があげられています。これがAGAと呼ばれる男性型脱毛症なのです。男性ホルモンが多いと薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが多く分泌され抜け毛や髪の成長を止めてしまいます。女性でも男性ホルモンが多いと薄毛になります。

~最後に~
薄毛対策に一番大事な事はいかに男性ホルモンを抑えて髪を生やさせるかという事なのです。ひと昔は育毛剤や亜鉛などのタブレットが薄毛に効くという事でしたが男性ホルモンを抑えジヒドロテストステロンの分泌を抑えない限りは薄毛は進行していくと考えられます。
薄毛を予防・治療をする為にはAGAクリニック等の薄毛予防の施設に通い治すのが一番の近道と考えられます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。