うすっぺらの素 セカンドシーズン

うすっぺらの素のセカンドシーズン。

小説(オリジナル)

2017-01-30 13:02:43 | 日記
注意・着ぐるみフェチむけ
主人公は男



自分は昔から「着ぐるみ」というものに興味があった。

理由はよくわからないが、何故だか着ぐるみを見ると性的な興奮みたいなものを感じる。

さて、私がかつて衝撃を受けたのが着ぐるみのなかでも、美少女やな2次元キャラクターになりきるという着ぐるみがあった。

中に入ってる人はどんな人なのかはよく知らないが、
これを見た瞬間、とにかく着ぐるみに興奮してる私には「やってみたい」という願望が出てきたのだ。

そこで色々調べてみたケッカ、その着ぐるみになりきるモノを取り寄せ
遂に自分がその美少女に変身できる時がきたのだ!
その美少女になりきるために必要な「肌タイツ」というのを着用する。
それは全身タイツみたいなもの。奇遇にも着ぐるみと同様に全身タイツにも性的なものを感じる事がむかしからあった。

着てみよう。

「ああ…なんたこれは…すごくきもちいい…」

顔が出た状態の全身タイツ姿を鏡で見てみた。

何だが肌色の全身タイツ姿だけでもはや自分自身みたいではない…

衣装は適当に女性用のものを着てみた。
それで再び鏡を自分自身見てみる

まだマスクまで着用してないものの
これだけで女性になった気分だ…

こんな経験は今まで感じたことない…


そして、美少女の顔をしたマスクを遂に着用する
着用してみたら。なかなか前がみない…

しかし、息苦しさは経験したことがなく
新鮮なものだった。

見辛い視線で鏡を見てみたら

「ああ、これはなんだ…?本当に美少女になってる…!」
何とも言えない息苦しさが興奮を増していく。

こんな快感は味わったことがない
やはり自分は着ぐるみフェチでよかったんだ。

最後に

「このまま着ぐるみにになったらなぁ・・・」


続編も書くかも。END
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説(2次創作) | トップ | 小説(2次・R18) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL