風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

12-024 アベ辞任の推測記事+原発記事

2017-02-27 07:47:25 | この道の先に

風の谷通信No12-024

アベさんが来週にも辞任するだろう、というニュース(政界推測記事とでも言うか)が今朝のブログにアップされた。森友学園の不明朗事件である(疑獄だと明記しているブログもある。)報告者は「すぐに消されるから早く読んでくれ」と警告しておられるので名前を書いて急ぎアップしておく。「wantonのブログ」である。あとで調べたら、このブログは本稿のブックマークにリストされている。ブックマーク欄からアドレス・コード不要でwantonのブログに繋がります。

 

さて、きょうの本題。3.11が近づいて新聞に関連記事が増えるだろう。だけど腹立たしい記事が一面トップに載っている。〈福島原発の賠償費を電気代に上乗せ〉だと。

つまりは東電が支払うべき賠償金を一般消費者に負担させるということ。なんで?

東電は原発で儲けてきた。そして事故を招いた。広く害悪をばら撒いた。東電は自分のカネで賠償するのじゃないの?儲けは取り込んでおいて、失敗した分の賠償金を、放射能を振り掛けられた消費者に負担させるの?儲けていた間に取り込んだゼニを吐き出して弁償するのじゃないの?儲けは取り込んでおいて、賠償は他人任せなの?

その負担額が東電自身は567億円余、関電は315億円余、東北107億円余り、中部124億円余、九州169億円余。勿論北海道も四国も。腹が立つなあ。

 

もう一件。月曜日の朝日歌壇には4人の選者が各10首提示される。そのうち、原発に関係するものは今回僅かに3首。世間の関心が薄れたのか、それともまだ1週間早いのか。

まず1首:教え子の賀状に 二行太き字で
          「除染の現場で がんばっております」
   *この教え子に教師はなんと返事するか? 

   次:近付けば 一分足らずに死亡とう
           デブリを抱く フクシマの鬱
    *言うべき言葉がない

   次:フクシマの被災地は 帰還せまられる
            果てしなき廃炉と同居をせよと
    *無辜の民を踏みにじる権力の暴行  

ついでに沖縄の苦悩を読める1首:
      沖縄の海の 悲鳴が聞こえ来る
             ネットニュースを見れば たちまち
     *ここにもクニタミを殺す権力。たしかにこんなニュース
     はネットに多く現れ、ヒラメのメディアには嫌われる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-023 反原発の怒り

2017-02-25 19:38:12 | この道の先に

風の谷通信No.12-023

このクニの原発問題についてはまず怒りが湧く。しかも、事態を把握しても何も手が打てない。自分の無力感がその怒りを上回ってどうにも落ち着かない。

権力の監視役であるはずの報道媒体(マスコミ)はこのクニでは「右へ倣え!」であり、しかもその報道内容は政権への忖度で満ちている。権力に媚び諂っている。このところ優勢な報道は、金正男殺人、トランプ現象、森友学園、豊洲市場、東芝、WBCといったところである。無視されているのは、辺野古、高江、岩国、尖閣、スーダン、そして原発などか。

その原発で新たなニュース。台湾政権が2020年までの脱原発計画を明らかにした。今から8年未満の未来である。日本の技術を以てしてもあの事故を防げなかった。台湾には事故に対応する力がない。だから原発をやめる。日本がどうして今以て原発を推進するのか理解できない、という。勿論台湾内部にだって原発をやめると電力価格が高くなって産業が苦しむという批判もある。それらの意見が共に公に語りあえているところが、台湾の民主主義の表れであり、対してニホンには民主主義がないことの証拠である。原発の方が電力価格が安くなるというのはウソである。

話が逸れた。論旨が乱れた。

このクニでは「大飯原発が新基準に適合」という判断が示された(23日朝刊の報道)。原子力規制委員会が関電大飯原発3号機・4号機に関する審査書案を了承したのだ。実際の稼働までには安全対策工事の実施や立地自治体の同意などの手続きが必要になる。とは言え、結局は再稼動可ということである。あとは、運転差し止め訴訟の控訴審の結果次第であるらしい。その司法も現在では政府に追従している。

一日遅れ(24日)の朝刊報道ではフクシマの除染で出た汚染廃棄物などの中間貯蔵施設の建設現場を公開した。報道記事の地図を見ると国道6号線から海岸までで双葉町と大熊町にまたがるほぼ70%の地面を建設予定地としている。この汚染物は30年以内に県外で処分するという計画ではある。「計画ではある」。あはははは。あとは野となれ山となれの典型ですよ。30年先に対して責任を持てる人がどこにいるかね?東電?東芝?日立?イヤイヤ、行政?政府?そんなバカな。役人や現政府が責任を持つなんて、全くありえない話。みんな肚の中で舌を出しているよ。

ついでながら:広河隆一さん(DAYSJAPANの発行人)が〈6年目の福島〉という題で空撮記事を載せている。(残念ながら著作権により写真を借用掲載できない)フクシマの村々の,家々を押しのけるように、広い耕地や原っぱを除染物のフレコンが占領している。村の家並が肩寄せ合って遠慮しているみたいだ。平らなところは本来は農地であったはずだ。それを無理無体に汚染物が占領している。しかも、その同じような汚染地帯へ元住民を強制帰還させようという計画だ。安全だから帰還させるのではないぞ。避難生活への補助金をだすのが惜しいのだ。原発企業のカネを節約したいのだ。平和だった生業(なりわい)を突如破壊された元住民を破壊のるつぼの中へ還しておいて、還ったら(避難が終わったんだから)補助金をカットする算段だ。クニタミをなんと考えるのか。また話が逸れた。チェルノブイリでは強制疎開させたような高度汚染地帯へ、このクニでは元住民を帰還させるのだ。

 

そんな中で、トランプ大統領が核兵器を充実させると発言した。オバマさんがロシアと協議した核兵器削減の話はあっさりと放棄してしまった。当然ながら広島の演説もプラハの演説も空中夢散するのだろう。人間が核と共存できるのかね?それはあり得ない話だ思うがね。現在アメリカに7000発、ロシアに7200発の核弾頭があり、他に中国・フランス・イギリスに何百か、さらにはイスラエル・インド・パキスタンにも、おっと北朝鮮にも、あるのでは????

そんなに抱えてどうする積りかね?どこで爆発させるの?何を壊すの?アフガニスタンの遺跡を壊したタリバンじゃないんだよ。原発を持つことが人類の文明史に照らして正当化できるのかしらん?

あゝ、こんな所でぼやいているだけというのは悔しいね。力がないというのは辛いね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-022 間もなく6年

2017-02-20 15:09:37 | この道の先に

風の谷通信No12-022

間もなく6年。

フクシマの現地には汚染水のタンクが林立する。除染で集めた土がフレコンに入って元農地に満ち満ちてムラを侵食・破壊してゆく。

そんなことは初めから判り切っていたことだ。雨は天から休むことなく降り注ぐ。地表と土中(どちゅう)には放射性物質が満ちている。一旦触れればすなわち汚染水だ。それがどんどん溜まってゆくのは理の当然。凍土隔壁だって、理屈をこねて、工事費を使って結局のところはムダ使い。それをなんの対策もナシに傍観してきたのが今の政府だ。アメリカの鼻先を嘗め回すのに精いっぱいで、クニタミの苦しみには目を背けてきた。汚染物のデブリは容器を突き抜けて(多分)地下まで至り、将来の危険をはらんではいるが、今のところは行方不明でごまかしていて、その結論は「フクシマは完全にコントロールされている」という無責任な宣言にすぎない。これで歴史に対して責任を持てるのか?否。

いずれは、この汚れた水を海へ流そう(それ以外に方法はない!)となるに違いない。(できてしまったものは仕方がない・・・第二次大戦の大本営と全く同じ。)

フクシマの子どもたちは甲状腺ガンの危険に怯えている。おとな達は汚染濃度の高い故里へ強制的に帰還させられる恐怖に怯えている。なにしろ帰還を拒否すると転居先の家賃さえ支払ってはくれなくなるんだから。自分の都合で転居した訳ではないのに、日々の仕事だって自分のわがままで棄てた訳ではないのに。

トランプだ、スーダンだ、尖閣だ、辺野古だ、任期延長だ、憲法改正だ、天皇を黙らせろなどと不敬な態度まで含めて、我欲・我執の虜になったアベさん。もう辞めてくれよ。

補修記録: 先日の汚染度の記述が不充分であった。

 放射線管理区域のレベルが0.60マイクロシーベルト/毎時(μ㏜)。。。
    1年間ぶっ続けに浴び続けたとして年間被曝濃度が5694m㏜≒5.7㏜
 対するに原発容器内の放射線が650シーベルト(推定) 

 この650㏜を650,000m㏜と表記したのは(数字としては正しいが)話の筋には沿わない。管理区域の表示に対応させるに適切な表示は、同じμ単位で;
     650㏜=650,000,000μ㏜    とするのが適切。

であるから、容器内の放射線の濃度がいかに高いかがよく判る。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-021 今週はよく動いたよ

2017-02-19 21:17:03 | この道の先に


風の谷通信No12-021

大寒波が来るぞ、大雪が降るぞー、と脅かされて萎縮していたら、あに図らんや快晴の連続で、とは言っても寒波だけはそれこそ波状攻撃を仕掛けてきた。それにしても、今週はよく動いた。

月曜日にはいつもの通り地元の温泉へ。水曜日には誘われて片道40分の山の温泉へ。木曜日には50キロ離れた山の中腹の水汲み場まで独りで往復。

明けて金曜日には、早朝5時起きで、7時前のレールカーで出発。新大阪で9時の新幹線で出発して名古屋へ。名古屋駅ビルで迷子になってうろついたあと、ゴッホとゴーギャンの画を見に行く。午前中に入館したので展覧会場は空いていたが、帰りの時刻14時頃にはビルの入り口付近から切符売り場まで込み合って立て込んで待ち行列が出来ていた。

帰りは近鉄に乗ってみた。少しは安いかと思ったら、たしかに安かった。その代わり大阪までの時間が長くかかった。新幹線の関ケ原も近鉄の名張付近も、深い雪の中であり、電車の走る音が静かだった。近鉄特急の乗り心地が上々。

おかげで帰着が19時40分となった。

昨日一日ひと休みしたあと、きょうはムラの聖徳太子祭。

やれやれ、これでひと段落。一段落。それがどうした?自分のための記録。




神河町の山の峰には雪

ムラの太子祭の奉納相撲

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-020 またしてもフクシマの650㏜

2017-02-16 17:51:24 | この道の先に

風の谷通信No12-020

         追加:この記事に記述不足あり。後日補修記入する

フクシマの放射線を執拗に追い続けます。私設ラジオのキャスター、大竹ナントカと室井佑月の二人が変な語りをやっている。650シーベルト(㏜)じゃ判らん。普段と同じくミリシーベルト(m㏜)でやってくれ、650㏜は650万m㏜か?・・・なんてね。室井さんの声がよく聞き取れないけど彼女の説明が正しい。

即ち 1㏜は1000m㏜なんで、650㏜は650×1000m㏜=65万m㏜
ということ。 65万ですぞーーー。
これで、改めて【フクシマの650㏜】の恐ろしさが判るというもの。

再度参考表示 0.23m㏜/h が年間の被曝限度≒2㏜/年
        0.6m㏜/h  が管理区域限度で、これ以上だと
                妊婦・18歳未満は入域禁止(入室
                ・入場・入居なんでも、とにかく
                現場へは入れない)

 あるブロガーが指摘している。改めて投入したロボットの映像が作業2時間でボケ始めたのでロボットを引き上げた。つまりはロボットカメラが壊れ始めたということ。すさまじい放射線である。その容器内に崩壊して拡散したデブリは容器の下へ落ちて行ってどこにあるか判らない。判らなければ拾い集める(回収する)こともできない。今までのところ大事故を引き起こしてはいない。もしこれが(容器を溶かして)容器の外へこぼれて地中に落ちて行ったとすれば、いずれは地下水脈に当たる。地下水が汚染する。汚染が海へと流れ出る。海洋とサカナと一般生物までもが汚染される。回収すべき放射性燃料がどれだけあるか?素人には判らん!

回収できるとかできないとかの問題ではありませんぜ。飛び散ったデブリがどこへ行ったかも判らないのに、回収できるはずがないぜ。

次に高放射能のデブリが地下湖に出会ってこれで高温を発すると地下で水蒸気爆発が起きる。その時には被害はフクシマだけでは終わらないで、首都圏も壊滅するだろう。原爆何個分!なんて呑気なことでは済みませんぜ。このクニだけではなく地球規模でどんなことになるかは想像に難くはない。

恐ろしいナ。このクニの指導者は豪胆なのかしらんが、そんなことにお構いなく日本でもフロリダでもゴルフを楽しんでおられる。本当にフクシマはコントロールされているのかしらん。極めて信じがたい。まぁ簡単に言えば、ボクちゃんが現役の間には事故は起きないだろう。あとは知らんがなァ。ということか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-019 さらには650シーベルト 

2017-02-10 18:32:58 | この道の先に

風の谷通信No12-019

フクシマ第一発電所2号機で、燃料がメルトダウンした原子炉圧力容器内の放射線が530シーベルト(㏜)という報道で驚いたのに、更に調査を進めて行く過程で650㏜という推定測定値が出た。新聞報道から引用すると、格納容器の入り口から2メートル程の位置で作業を開始した。2時間ほどかけて1メートルほど進んだところでカメラの映像が暗くなり始めたので、作業をやめてロボットを回収した。

530㏜という測定段階で、ロボットが2時間くらいしかもたない(保たない)と報道されていたが、現実にカメラの映像が暗くなってくるのだ。つまりはカメラが壊れてしまうということ。恐ろしい放射能だ。

 

こんな状態でどうやって溶けた燃料を回収するのだろう。更には、どれだけの数のカメラを作って消耗するのだろうか。そして、それだけのカネをかけた挙句にまともに回収できるのだろうか。結局はウヤムヤの霧の中に放置されるのではないか。あのブログ「院長独り言」によれば、≪我々の眼の黒いうちはフクシマの収束は不可能であると証明された≫ということだ。

それで、どうやって≪原発推進≫≪再稼動容認≫という政策が出てくるのだろうか。経済や産業の展望とか民生の安定とか、まあいろいろな主張はあろうけど、原発を支持している人達は人類の(あるいは小さい表現で、日本国の)将来に責任を持つという『文明史観』を持っているのだろうか。どんな哲学を持っているのだろうか。このクニの大学から文科系学問を排除してしまえ、とまで言う人達が集まっているそうだからそんな哲学なんてないのかも知れないなあ。それでは選良たる国会議員たちが我々市井の群衆と違わないではないか。

せめて原発廃止を明示してほしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-018 文部省の配慮

2017-02-08 17:08:23 | 世相あれこれ

風の谷通信No.12-018

ほんの少しやっかみ半分で世相を斜め睨みで記録しておきたい。

 

このところ文部省高官が退任してから関連業界に再就職するに
ついて、時の次官たちがあっせん努力するという報道が続いて
います。その世界が何ともはや優雅なことで、驚きです。それも、
省全体で組織造りしてまでも応援しているのですから、立派な
ものですなア。道徳を説く奴らがなあ、言行不一致。

「退職予定の人が次の仕事が決まらなくて収入がないと困るので、
手助けする」といった口実が報道に見えました。官庁の慣行で定年
以前に退職する人が多くいて、その人達に斡旋される次の仕事の
報酬が一カ月に2日出勤して月給が1000万円!?というもの
です。出勤日数は別としても年収1000万円というのは、
ヒエー!!!という感じ。

現役官僚として高いレベルの収入を得てきた人達ならば2年や3年
無職になっても(有り余る資産があって)生活に困るはずはない
でしょうが。むしろ≪充電期間≫なんて悠々生活を楽しむセレブ
階層じゃないですか、イヤ、きっとそうですよ。それが、無職に
なると生活が不安だって???よく言うよ。 

そんな人達にとって、年収300万程度で働いている教員たちの
生活はどう見えるのですかね。不正規労働者として明日の生活も
不安な人達の世界をどう見ているのかネ。晩ご飯を親の手で作って
もらえなくて、善意の給食(こども食堂)に頼っている子供たちの
世界をどう見ているのかネ。

その格差を眺めていると、奴らの優雅さに立腹し、苦しんでいる人達
の思いに共感して、慟哭が横隔膜を突き破って吹き出してくる思いだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-017 日本の中のアメリカ領土

2017-02-06 16:38:18 | この道の先に

風の谷通信No12-017

沖縄の人権無視が気にかかかる。田中独立報道によると明日くらいから政府の辺野古海域埋め立て工事が始まる。あのきれいな海がなぁー、遂に破壊されるか・・・。沖縄の破滅だなぁ。

もう一つの回帰点・フクシマ。前項(N0.12-016)で記録した≪530㏜≫という放射能値がどれほど恐ろしいかについて、大竹まこと+室井佑月のユーチューブで議論しているので、ご参考にどうぞ。

さて、きょうは少し異なった世界だけど、報道を見て気になったことを記録しておきたい。

東京の中心部にアメリカの領土があって、米国人の出入りが日本の出入国管理令に無関係にフリーパスであることは、かねてより知ってはいたが、今回初めて目にした。先日来日したアメリカの国防長官は米軍機で来日して横田の米軍基地に降り立ち、そこからヘリで都心へ、向った。(決して羽田や成田を使わないのだ。)

横田基地へ降りた彼は、アメリカ領土へ降りるのだから勿論パスポート不要であるが、そこから日本の領土の都心へ道路上を出入りするのもフリーである。ヘリでの出入りも自由である。このヘリが着陸できる施設は六本木近くにあって、日米委員会などが開かれ、その場で日本国憲法よりも重大な政策決定が図られる。彼はここから東京の町へ出てゆくことも自由である。つまりは、日本の法律とは無関係に出入り自由に行動できるのだ。もし彼が日米に無関係な人間を帯同しているとして、この第三者も一緒に同様に行動できるだろう。現在、日米の安保条約または日米地位協定に従えばこれが通例の行動パーターンとなる。本当かいな?

ということは、沖縄や岩国や三沢の基地に勤務する米兵たちもフリーパスだな。それで、犯罪を犯しても逃げ抜ければ良い訳だし、結構な立場だね。

現実にこの動きを目の前にしてイヤな気分になった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2-016 またしてもフクシマへ回帰する

2017-02-05 15:55:19 | この道の先に

風の谷通信No.12-016

フクシマの原子炉の『内部事情』がほんの少し明かされた。ほんの少しだけ。
だって内部は見えないから。ロボットに装着されたカメラを投入して撮影し、映像
の歪みなどから内部の放射線の程度を計算した。。。。あゝむずかしい。

その結果は;格納容器内の放射線は530㏜/h。  簡単に言うけれど、これ
だけの放射線に触れたら人間は数十秒(1分間未満)で死ぬ。投入予定のロボット
だって2時間以内で壊れてしまう。恐ろしい殺人能力だよ。

参考: 0.23m㏜/hは国が定める年間被曝限度 0.60m㏜/h以上は
放射線管理区域。18歳未満や妊婦には立ち入り制限区域。100m㏜/h超で
発がんリスクが上昇。1000m㏜/h超で不妊・脱毛・白内障、4㏜/hで2人の
うち1人が死亡。7㏜/h(何名?)で全員が死亡。

仮に0.60m㏜/h×24時間×365日 で 2014.8m㏜/年間≒2㏜/年間

それに比べてこの原子力容器内の線量は530㏜ だという。恐ろしい高さだ。

 

ところで、この溶け落ちた核燃料のデブリをどう回収するか、それがまたまたまた
大問題でして。

ロボット投入予定の床は格子が破れ、あるいは崩落し、おまけに核燃料のデブリが
飛び散ってこびりついている。この溶け落ちた燃料を簡単に運び出せるか。はがし
て回収することさえ不可能であろうが。否。そもそも、溶け落ちた核燃料デブリが
どこにどれだけあるかさえ判らないのだ。それらの回収までに何年掛かるやら。
更には廃炉までと言えば・・・・・・。

そこで、不可能な回収に拘るよりも棺を被せてしまえ・・・いうのがチェルノブイリの
考え方でありました。もっともあの国には国土が余って
いるので村ごと、都市ごと
根こそぎ強制移住させるという荒療治ができるのですが、日本では難しいですよ。
何百年、あるいは千年以上という長い歴史の中で田を開き、コメを作り、蚕を育て
てきて、郷土に愛着を持っている水稲農民型社会をムラごと移住させようなんて
ことは
暴政ですよ。まして行く先もない狭い国土ですから。


こんな現実を見せられながらも今なお原発の再稼動や、ましてや新増設に賛成している議員諸子の頭の中身を疑う訳でありまして・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-015 アメリカで雇用70万人

2017-02-04 14:31:35 | この道の先に

風の谷通信No.12-015

興味深い報道が連なります。

まずは日銀総裁の弁、景気刺激のために物価上昇2%という目標を
掲げたが、達成できなかった。ついては引き続き努力したい。・・・ 
なんで???できなきゃ辞めるんでしょうが。それがこうした高地位の
人の責任でしょうが。だけど、辞めない。

ついでに、首相も責任を取らない。

次のニュースは、消費者物価が下がった。ついては、年金支給額を
引き下げます。

オイオイオイ、それはないでしょう。偉いさんの失策で景気が悪化して
物価が下がったのに、その責任を放置したまま、国民への給付を
即引き下げます・・・なんてネ。

それで終わったのかと思いきや、アメリカに投資して70万人の雇用を
創出します、と言う。この国内に仕事の無い若者たちが無数に
うごめいている、というのに。そんなカネがあるのなら、国内の契約社員や
子育て女性やホームレスや原発被災者や地震被災者を助けてくれ。 

まだまだ終わらない。続いては、国民の積み立てた年金基金をその
投資に向けます、という。年金積立金管理運用独立行政法人という
年金加入者の積み立てた財産を投資資金に充てるという。(独立行
政法人という制度の言葉には大きな意味は無い。)

またやるのかい??先ごろの株価低迷の時に、この資金を投入して
株価を支え、外国投資家達の売り抜けを支えて、日本人投資家には
損をさせた上で、年金積立金に損害を負担させた曰く付きの資金で
ある。国民に配布すべき年金をアメリカの景気刺激に差し出すなんて、
またしても・・・。

やはり、この人は自国民のことよりもアメリカの事の方が大切なのだな。
事態に詳しい論者達がこの政権を『売国奴』『国賊』と呼ぶはずだ。
それなのに、支持率が50%を超えているとは、どうなってるの?
この国はアベの手で分解するぞ。右派であれ左派であれ、一人一人が
政治に関わってゆかないとこの国は壊滅するぞ。  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加