風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

10-086原発の安全性・また聞き情報

2016-08-31 19:20:46 | この道の先に

風の谷通信No.11-086

けさのポータルサイトに同じテーマを取り上げたいくつかの記事が載った。

これはNHK解説委員たち7人が日本の原発問題を論じたもので8月26日(かな?)深夜の生放送「解説スタジアム」だったという。

原発の安全性・開発コスト・ランニングコスト・事故の可能性・自然条件・エネルギー問題・避難対策・廃炉経費・・・と、各種問題点について突っ込んだ議論をしたという。生放送なのでチェックも入らず政権のご機嫌伺いに追われているNHJKとしては珍しく政府の政策を批判したそうである。

あらためてNHKの姿勢を評価し直した評論家たちがいる。あの気違いじみた会長が就任して以来NHKをこき卸してきた人達が今改めてNHKに敬意を払い、称賛している。

実際のところ、地震・津波・火山の問題を抱えているこのクニで、原発が安全・効率的・経済的なはずがない。加えて規制委員会は「安全性の審査をしているだけで、安全とは言っていない」と開き直る有様。加えて政府が責任をとるとはいうが具体的にどう責任をとるのか不明。せいぜい「カネを出す」というくらいではないか。これでは国民は救われない。カネを出すのならそれはいずれは税金か電気代で払わされるものだ。

論者たちが訴えているようにこの討論を聴いたら「およそまともな思考力を持った国民ならみな、この国では原発は持てないことを理解するだろう」とまで書いている。

ここで取り上げられた批判項目の数々はすでに私が幾度も指摘してきた通りである。

それでもなお原発を止められないとすれば残る目的は ズバリただ一つ 原爆を持つために ということしか無い。政権は民意を考慮する気はまったくないから、意地でも原発を「とめるものか」と開き直って、機動隊を総動員してでも原発再稼動を進めるだろう。リオで大口を叩いた内容は最初から大ウソだと判っていたとおりだが、汚染水は港に留まっているはずはなく海へと流れるし、凍土壁という夢物語はまさに悪夢でしかなかったと判明した。

それでもアベ政権は「やる」と言うか。原発反対は右派も左派もないぞ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-085大型迷走台風10号

2016-08-29 19:12:15 | この道の先に

風の谷通信No.11-085

様々な形容詞を伴って台風10号が接近している。

まずは大型=中心が940hPaというのは恐ろしい。そして、迷走台風・風台風・雨台風。まだあるのかな?附属として、大潮に満潮に高潮。フクシマ事故の影響から回復してはいない地盤沈下地帯へも遠慮なく襲うのだろう。農村ではナシ畑やブドウ畑は倒壊防止や落果防止に懸命だし、漁業組合では漁船を港の奥深くへと引き込んでいる。農業被害・漁業被害とう修飾語もつく。

こんな恐怖事態なのに、罪深いことではあるが、我々は雨を歓迎している。なにしろこの地方では6月25日と7月08日に降った他はずっと晴・晴・晴の連続。おまけに気温は朝から35℃を超過。畑はガチガチに乾いて、トラクターのロータリーでも跳ね返される始末。鍬で打つくらいではとてもじゃないが耕起できない。秋植えの苗が育っているのに植え床が作れない。そんな訳でとにかく雨を待ち焦がれている。夏からずっと大雨に苦しんでいる北海道の皆さんには申し訳ないハナシです。

幸いなことに台風とは別に、北からの寒波が西日本を覆ったので、昨日の夜から相当大きな雨が降ってくれたので、畑は潤ったはずです。今週の後半には耕耘作業ができるはず。なんとか苗の成長と足並みがそろうことになる。有難うさん。

補足:昨日の午後、世間の気温が少し低くなってのを幸いと、ハクサイ苗約40株のポット上げを追加。昨日の夜から雨が降ったので定植苗が元気しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-084狗賓童子の島

2016-08-25 15:49:57 | この道の先に

風の谷通信No.11-084

読書記録  狗賓童子の島(飯嶋和一作)

繰り返し読んでみた。時をまたいで区切り読みや通し読みを含めて全部で6回目だと思う。時代小説と言うには長くて、歴史小説と言うには短い感じの、それでも550ページの大作と言える。

時代背景として大塩の乱から明治維新までを縦糸とし、大阪・河内から隠岐の島まで含む地理や藩政や官吏に支配される民衆の生活を横糸とする。その中を、舞台回しとして大塩の乱に参与した父の責めに連座して15歳で隠岐に流された西村常太郎と種痘普及活動やコレラ防疫の活動などが描かれる。また添景として江州野洲川流域の大一揆や隠岐漁民の自律経済活動や、外国船の来訪とその艦載砲による長州・薩州の敗戦なども描かれる。

隠岐を支配する松江藩の場当たりな執政は幕末の混乱の中で無責任の極みに達し、遂には島民の反乱や分裂を招くに至る。時代小説の中ではごくありふれたテーマではあるが、そしてこの原作が2009~2012年に作られたにも関わらず、なんとも現在のこのクニの情勢に似通っているのが興味深い。幕末藩政の代官たちは何事にあれ松江のご意向ばかりを気にし、ご一新の掛け声を張り上げた明治政府の執政も混乱と無責任を絵に描いたような有様であった。結局は、政治に必要なカネを出す者たちのための政治が行われて、政治は特権付与された者たちと結託し、島民は「無理」の中に押し込められてゆく。執政達は維新の前後を問わず政治の無理・屁理屈を押し通すだけに過ぎない。下を向いて威張り散らし、上の御威光だけを気にしている現状は政治家や一部マスコミの姿そっくりである。

そして、民衆対代官という意味では、今日のアベ政権が沖縄・辺野古や高江で採っている行動がそっくり重なるのだ。国民・県民がどんなに訴えても全く考慮せず、すっとぼけた顔で強引に権力を揮っている。少なくとも民意が統一されていないという意味で、政権の行動は無理無体・我儘勝手・独断専行である。機動隊を動員して暴力で支配する様(サマ)も本作品と重なる。つまりは幕末と現代とはほとんど差がないと言えるのだ。

もう一つ興味深い話題がある。外国船の接近に慌てた松江藩・松平家が島の民衆を武装する。藩兵数十人を武装して送り込んだ上で、民衆を民兵に組織し訓練しようとする。その時の武具のひとつが竹槍である。鉄砲も大砲も外国船の装備には及ぶべくもないのに、民兵に竹槍を持たせて訓練する。お笑いである。なにがお笑いかというと、そっくりそのまま昭和20年になってもやったのだ。相手さんが1分間に何発発射できるかという自動小銃をやっきになって開発して実戦投入している時に、神国日本は竹槍戦術の本土決戦を本気で実践しようとしていたのだ。つまり、幕末から昭和までまるで進歩していなかったということだ。相手の事も知らないで。孫子の兵法はどこへいったのかね。それでよくもまあ、「日本不敗」なんて高言していたものだ。その戦争を、この平成時代になってもいまだに「聖戦」だと叫んでいる仲間もいる。お笑い草。私は皇統右派を自任していて、天皇皇后陛下を尊敬し、皇室を崇拝しているが、先の戦争を聖戦と呼ぶ気はないし、神国二ホンだとも思わない。まして、このクニタミが近辺諸国に比して優れた選良の民だとも思わない。

それにしても、6回も読んでなお「狗賓童子」とは何を指すのか理解できないし、550ページの作品をまとめるのは難しいなあ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-083ハクサイのポット上げ

2016-08-22 16:31:02 | 農業日記

風の谷通信No.11-083

久しぶりに農業の話題をひとつ。

連日暑さが続きます。早朝から室温が35℃も36℃にもなります。仏間に座ると熱い空気が背中から胸まで全身を包みまして、まるで蒸し焼きにされるみたいですから、頭の芯がジーンと痛くなってきます。お経を端折って外へ飛び出したい気分です。

きのうはムラの出役でアゼ刈りをしましたが、午前7時半に出て1時間ほどで眼の奥が緑色に光って視野が暗くなってきたので、適当に引き上げてきました。冷たい風呂に浸かったあと、氷枕をして玄関の板の間で寝転がっていました。

 

きょうは空の80%ほどが雲に閉ざされて少し涼しいので、夕方からハクサイ苗をポットに上げました。といっても理論も技術も知らないので、我流でして、ただタネ屋さんが「箱播きしてポットに上げたらよろしい」というので真似てみたのです。なにしろ、これだけ暑いと、畑に直播(じかまき)しても灼けて枯れてしまうだけですし、仮に発芽しても、畑の中で移植しても活着が難しいです。こんな難しい栽培を暑い陽射しの下で<一体誰のために>するのだろう???

わからん。だけど、ある知性豊かな友人が言います。「百姓は強いなぁ。これだけ儲からんのに平然と生きているぜ」と。全く同感です。暑さのさ中で農業をやりながら『どっこい生きている』とつぶやいています。 

    箱播き苗(手前)とポット上げの株

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-082東村高江集落・これが二ホンなの?

2016-08-18 20:33:18 | この道の先に

風の谷通信No.11-082

今月も DAYS JAPAN が届きました。沖縄県高江集落の現状を生々しい写真が伝えています。米軍ヘリコプターに頭上を占拠されたムラ、米軍訓練場と海岸線に挟まれたムラ。

そしてもう一つ、道路を埋めつくす警察機動隊の隊員たち。人権も無視されて悔しい毎日・辛い毎日を送る集落の人達をゴボウ抜きに排除してゆく屈強な機動隊員たち。

これがほんとうにこのクニなのかしらん?なんで気にかかるのかというと、この場所にヘリやオスプレイの訓練場を作らなければならないとい必然性が無いからです。静かに平和に生きることだけを願っている人達の頭の上をヘリコプターでかき乱さなくてもよさそうなものを。

高江とは別に、私たちのムラの頭上をヘリが飛びます。自衛隊が操縦訓練しているのです。このヘリは低空へ降りては来ません。民間のヘリも度々飛びます。何度かは航空写真撮影のために家の屋根のすぐ上まで降りて来たことがあります。その音の凄まじさと空気圧と機体の恐ろしさよ。あんな民生用の小型ヘリでも空恐ろしいものです。

それなのに、高江では米軍の軍用ヘリがすぐ頭上を飛び回るなんて、「戦争じゃないんだよ」と言われても恐ろしいですよ、戦闘と同じレベルの訓練なんだから!!!頭の真上30メートルや50メートルをホバリングしてみなさい。下にいたら気が狂いますよ。沖縄の人達は毎日そんなに苦しんでいます。

 

皆さん、 DAYSJAPAN を読んでみて下さい。人権さえも無視されて悔しさに苦しんでいる沖縄の人達の本当の姿が見えてきます。また、その購読料がこの記者たちの行動を支援する力になります。いつも書くように、右派も左派もない、このクニの姿を知りたいためです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-081 8月15日

2016-08-17 12:08:37 | この道の先に

風の谷通信No11-081

皇統右派というあいまいな足場に立っている私の目にも同じ憂慮を抱く世間の目が見えてきます。きのう・きょうの読者川柳からの抜粋です。

① 十五日五輪SMAPこの平和 (先日の記録と同じ視点)
② おイタせぬようはじめてのおつかいへ (防衛大臣)
③ 逃げ場なき五千切り捨て再稼動 (伊方原発)
④ 使っても増えるばかりの使用済み (原発のすべて)
⑤ 天皇は首相の分も反省し (15日のお言葉)
⑥ 追悼の言葉を巡り問う戦後 (同上)

そこへ海の向こうから、トランプ氏とバイデン氏の論戦が聞えてきたので、こちら側で「それ見たことか」と利用したい人達がこれに飛びついている。どちらにしても憲法九条が世相に先駆けて理想を謳っていることは間違いないし、「改憲」するよりも他の国々が追従するほうが社会の理想に適っていることは間違いない・・・と思うけどなぁ。遠慮しながらの提案です。八月十五日は終戦の日ではなくて敗戦の日です。 

それにしても暑い。部屋の室温が朝のうちから35℃以上。昼間には、窓を開けて外気に通じさせているのに40℃になります。きのうは縁側にいて、危うく熱中症を発症しかけましたよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-080天皇陛下のお言葉と皇后さま

2016-08-15 18:27:11 | この道の先に

風の谷通信No.11-080

敗戦記念日の慰霊祭で天皇陛下がお言葉を述べられた。こうした機会の壇上にはほぼ常に皇后陛下が並び立たれる。しかし、お言葉を発せられるのは天皇陛下のみである。ごく普通の姿であり、違和感を抱くニホン人はいないでしょう。両陛下が同じ思いを抱いて並び立たれている、と解釈するのが普通である。

海の向こうで世界の覇権を握るクニの大統領候補が、祭壇に並ぶイスラム教徒夫妻の挨拶について場違いなコメントをした。いわく「奥さんの方は発言させてもらえない」。イスラム世界の男尊女卑の風習を批判したらしい。アメリカ国内ではこの発言に対して大きな批判・非難が起きている。

同列で論じるならば、この大統領候補が二ホンの両陛下のご挨拶を目の当たりにすると「こき卸す」ことになる。さてそこで、二ホン人はどう反応するだろうか。右派左派を問わず、二ホン人の反応が気にかかります。私はどうするかって?言下に反論します=まぁ蟷螂の斧ですけど。

ついでに横滑りすると、アベさんがこの戦争における二ホンの加害責任に言及しなかったそうな。どう考えても天皇陛下のお言葉とは別世界の首相です。天皇陛下の真摯な反省の弁と祈りの姿勢が世界中に陛下への尊敬と親愛の気持ちを生んでいると言われる時に、このアベさんの姿勢は「ズレている」と言われますよ。かの大統領候補と同列・同レベルの人品です。

更に筆を横滑りさせると、今朝の新聞で朝日・神戸・読売・サンケイを見たが、どれも今日の日を「敗戦記念日」とは書いていないし、その事実の記載もごく小さい。毎年毎年、この日には敗戦をしっかりと認識して欲しいものだ。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-079高江無残ー右派こそ(訂正版)

2016-08-14 21:50:35 | この道の先に

風の谷通信No.11-079

沖縄の高江集落を取り囲んでアメリカ軍のためのヘリパッドが造られる。ヘリパッドは高江集落をぐるりと取り囲むように多数構築されて、米軍がヘリによるゲリラ攻撃を訓練するのだ。その昔、ベトナム戦争のためのゲリラ攻撃を訓練した名残であるそうな。

住民150人程度のムラを取り囲んでヘリで攻撃訓練する。頭の上をヘリが飛び交う。屋根や林の上をヘリが舞う。昼夜無関係。乳児も眠れない。乳牛は興奮して乳を出せない。

なんでそんなバカなことをするの???

仕事に出かけようとする地区住民のクルマを警察が抑える。朝から警察官が道路の中央線に1メートル間隔で立ち並び、一般車両を通行止めにしている。その前を工事用のダンプが通る。アメリカ軍の工事向け物資を運ぶんだそうな。つまりは、米軍のために警察を動員して、地元住民の民生を阻害しながら、米軍のお役に奉仕している。

ウヨクよ怒れ!ほんとうに二ホン精神が立派であるのならば、大和魂が立派であるのなら、右派こそが怒れ。カミがクニタミを傷めてなんとする。クニタミはクニノミタカラですぞ。こんな高江住民を傷めつけている政府なんて政府の名前に値しない。

この高江の現状を「日本のメデイア」が報じない。奇妙だ。辺野古でゴムボートに保安庁の船が乗り上げているような暴力行為も報じなかった。高江の住民イジメも報じない。中国の暴力も報じない。中国戦闘機の攻撃行為も報じない。なにも報道しない報道メディア。イヤ、スポーツとセックスとスクリーンだけは報道する。現代の3S。きょうの主題はオリンピック・甲子園・スマップ・裸写真の羅列。なんでスマップなんかがニュースになるの???

中国と言えば、尖閣領域でギリシャ船に沈められた漁船員を日本の公船が助けてあげたのに、そして引き続き巡視艇と航空機で不明者の捜索を続けているというのに、中国の公船が尖閣の接続水域に入って来たという。どんな神経なのかな。

みなさん、高江のことを知って下さい。トラックバックできるかな?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-078世の中平和ですなぁ

2016-08-12 15:46:03 | この道の先に

風の谷通信No.11-078

毎朝玄関先に新聞を取りに出て真っ先に思うのは「世の中平和だなぁ」ということ。なにしろ今朝の紙面を見ても第一面はオリンピックですよー!次は、甲子園ですよー!その次は、イチローの3000本ですよー!

もっとも、古代ギリシャのオリンピックゲームは、お互いに戦争を止めて(休戦して)、技をきそいあいましょうというお祭りだった訳で。従って競い合う技もすべて戦争の能力だった。走りだって、槍だって砲丸だってハンマーだってレスリングだって、みんなみんな戦争の能力だったんですぞ。

今日のこの国のメディアは、ヒロシマもナガサキもすっ飛ばして下段の隅記事に落としておいて、スポーツに明け暮れている。なにせ、このクニの甘さには感心の極み。長年抱えて来た被曝への思いが、大統領から肩に手を掛けられて背中を叩いてもらっただけで、涙を流して氷解する・・・なんて、バカバカしくて腹立たしいだけだ。それをさも美談に仕立てて喜んでいるこのクニのメディアの素直さ、なんという自己規制か。イヤもしかして自己犠牲かも。

 

メデイアの自己規制もここに極まる。尖閣には中国漁船が雲霞の如く操業している。中国公船がこれを護衛している。境界線の直ぐ傍には掘削タワーが建っている。政府は遠吠えの抗議しかできない。戦火を交えることなくこれを退ける能力がアベ政権にはないのか。これをメデイアが採り上げないのか。日本の船をこの領域に送りこまないのには何らかの理由があるのだろうが、国民には知らされてはいない。海底掘削塔でも建てたらどうですか?なんて思うけど、それができないのが国際政治かも。

中国漁船にギリシャ船籍の貨物船が衝突して漁民が投げ出された。このうち6人を日本の巡視船(かな?)が救助し、おまけに病院まで搬送してやっている。この人道主義のすばらしさ、高潔さよ(8人は行方不明のまま)。ここに、日本精神の優秀さが示された。中国はこれにどう対処するか?イヤイヤ、もし衝突したのがギリシャ船ではなくて日本船だったら中国はどう反応しただろうか。まったく以てこのクニがバカにされている。それに対して、メデイアはどう反応するのか。まったく以て問題視していない。イヤ、ニュース記事扱いもしていない。だれに向って自主規制しているのか知らん?

政府はどうしているか?アベさんは尖閣も非正規雇用も保育所落ちも特養落ちも介護離職も子供食堂も、フクシマもセンダイ(川内)も、辺野古も高江も、みーんな放り出して・・・・・しーらない!とて夏休み。もしかしてゴルフ三昧かしらん?

イヤまったく、世の中は平和ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11-077天皇制度を肯定する意味

2016-08-10 19:22:24 | この道の先に

風の谷通信No.11-077

このクニは水稲耕作民族の集団である。

古来クニタミはコメ・ヒエ・アワ・ムギ・マメ・クリ・キノコを食料とし、キヌ(蚕)・ワタ・カヤ(萱)・ナラ・クヌギ・カシ(樫)などを生活資材として利用して生きて来た。イノチを支えるコメにはその一粒一粒にカミの命が宿ると信じ、毎年の季節の廻りを先祖神の恵みと捉えて農作業を律してきた。生活はカミとともにあり、稲作の巡りは暦の巡りとなり、一巡するのが「年」であり、したがって「稔」も「年」と同じ意味に把握してきた。

この水稲栽培集団を指導し、生きながらえさせてきたのが集団のオサであり、その頂点が「天皇家」である。という訳で、このクニは天皇を中心とする社会である。産土の先祖崇拝と現生の弥栄を祈るのが天皇家の日常の務めであろう。現在の天皇の毎日は、世の平穏を祈り、クニタミの安寧を祈っておられることと理解している。タミは神への感謝を神楽で表してカミと共に踊り、神への感謝を表す。奉納の踊りと祈りが終わればカミと共に食して(なおらい)収穫を喜びあう。

 

イヤ、なんとも時代錯誤な文章になってしまうが、ざっと眺めてこんな感想を持っている。だから私の皇室崇拝は天孫説ではない。飛鳥の地にカミとタミが相祀ろったのがこのクニの素朴な姿である。大和民族が新撰民族だなどとは思わない。大和民族が殊更優秀であるとは思わない。ただ、日本式の生活感覚が並外れて優れていて、世界標準をはるかにしのいでいると信じている。

なんとも時代錯誤な複雑怪奇な天皇家崇拝思想といえるかも。その天皇家の有り方を検討する機会を憲法改正に利用しようとしている『不逞の輩』がいる。札幌の弁護士さんも同じ指摘をしておられる。卑怯なり。天皇崇拝に名を借りた『天皇の政治利用』である。今上天皇の優れた平和への希求心を踏みにじる行為である。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加