風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

12-041 今村大臣 トルーマンの原発と同じ

2017-04-26 14:29:08 | この道の先に

風の谷通信No12-042

旅日記を中断。実は始めたばっかりなんだけど。

お騒がせ大臣、今村が、本来なら名誉回復のチャンスに与えられた席でダブルミスを犯してしまった.二階派の会合で演壇に立ってミスを犯し、誰かから示唆されるまで「謝罪あるいは訂正」の必要に気づかなかった。ボスの二階さんにすれば全くの面汚しである。

「大地震があっち(東北地方のこと)でよかった。これがもっと首都圏に近かったら(被害が)たいへんだった(概略)」・・・と言った。「アッチ」とはなんじゃい?

意味が判らんではないけど、そりゃ不適切だよ。何の責任もない被災者の身になってみろ。

そこで彼の出身を見ると九州比例代表区である。アハハハハ、そうかそうか。1年前の九州地震をこう表現するとどうなるか:地震が熊本でよかった、阿蘇のムラだから被害が軽くてよかった。福岡の天神で起きてたら大変だったよなア・・・。さて、彼はこれで満足するだろうか。平気なんだろうか。やっぱりあっけらかんとして笑い飛ばすのかなア。

でも聴き手の実感としては、「アッチ」発言は彼の本音だろうね。他人の苦しみに心が通わないんだ。

 

このことはアメリカの原爆投下に関するトルーマンの言葉を思い出させる。原爆投下の責任者であったトルーマン大統領が戦後の席で「アメリカの原爆が同じ白人国であるナチスドイツに落とされなくてよかった=つまりは日本に落されてよかった」と言った。これは、世界初の原爆投下の実験が黄色人種の日本に落とされて成功した、という事実を祝福したものであった。当時はこの発言を批判する勢力もあったが、いつの間にか記憶から薄れて歴史の中に消えて行ってしまいそうだ。日本人としては、敗戦は仕方がないこととして、原爆の実験台にされたという点に容認しがたい屈辱を感じる。

今回の今村の発言に、同様の理不尽な屈辱を感じた東北人が多かっただろうと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-041 旅日記甲府の街へ

2017-04-23 18:37:59 | この道の先に

風の谷通信No12-041

身延線で甲府に入る。身延線で近づくとこの甲府の地が大きな盆地であることが良く理解できる。列車の後ろに富士山があって、進入方向の遥か前方には雪の峰々が見える。一番奥に八ヶ岳と見える。とすれば左の高い峰は北岳かな?・・・と昔の記憶をたどる。八ヶ岳については酷い無鉄砲な横断をした。よくもあ熊にも合わず大雨の中を下山できたものだった。今でも思い出すと恐ろしくなって夜中に眼が冴えて眠れない程である。北岳の雪山は楽しかった。関学の山岳部にいた経験者の指導についていった。生涯に二度だけピッケルを使った山行きのひとつであった。

 

さて、甲府駅はさすがに中央線だけあって大きな構えである。改札を出てしばらく構内を歩きまわったあと観光案内所に入って美術館とバスの案内を乞う。ついでにホテル所在地と適当な食事場所も教えてもらった。美術館行きのバスの便はよろしい。所要時間はゆっくり走って約15分、安全運転でーす。下の写真は駅前広場の信玄公の像。この駅前も工事中。オリンピックの関係かいな?街の写真は逆光でよく判らん。

美術館では常設展示のほかに特別展「バロックの巨匠たち」を開設中。常設展ではシニア向けとして無料開放。なんという好待遇!ついでに特別展も割引料金。しかも市内の宿泊施設に泊まるという予約を示すとこれまた割引対象。まるで申し訳ないほどの気持ち。

あれー、たったこれだけ書いてもう40分以上もかかって、外が暗くなってしまった。展示の中身については「あしたにしようーっ」と。畑仕事のあとに元気が残っていたら、の話。 

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-040 甲府へ

2017-04-21 18:07:36 | この道の先に

風の谷通信No12-040

久し振りの旅。目指すは甲斐のクニ。甲府の美術館です。郷土の画家T―さんから県立美術館にはミレーの「種をまく人」があると聞かされて以来なんとか訪ねて行きたいと願ってきた。何も知らなかったのだが、同じ名前の画が2枚あるのだそうで。その1枚がこの日本にある!というのは素晴らしい。どこかで「3枚ある」とも聞いたけどなあ?(Tさんはよく知られた画家ですが了解を得ていないので本名記載せず略記します。)

  余談ながら、無知と言うのは悲しいもので、例えばモネの「睡蓮」が世界で1枚しかないものと思い込んでいた。それが間違いであることを数年前に知って以来、パリへパリへと思いを掛けたのだが、同じ理由で「種をまく人」も1枚だけだと思っていた。

 

 

さてまずは旅日記。雨模様なので隣の旦那に駅まで乗せてってもらって、風の谷のレールカーに8時前に乗り込んで出発。経路を自分で探すと10時間もかかるとしか判らなかったが「駅探」で検索して約5時間かかるルートが判った。やはり身延線経由が正解だ。西明石・静岡・清水経由で甲府へ向う。

富士・富士宮という、西日本の人間にはなんとも覚えにくい経路を通って、富士のすぐ裾野をウネウネと登ってゆく。下界は初夏で裾野は雪解けでもお山の谷筋は真っ白。まさに霊峰と実感しながら車窓からの景色を堪能する。特急富士川号とはいえかつての急行か準急並みの列車です。何年か前に松阪から南下した時にそんな特急に乗って驚いたことがあったが、それにほぼ同じ。身延線では途中に温泉宿の街があって特急停車駅になっているが、田舎もいなか。この風の谷よりもはるかに山の奥地という感じ。こんな山の中にも住む人がるのだと感心する。そんな山道を登ってゆくと谷の向こうの峰の上に富士の頂上が少しだけ見えて「オヤオヤ、さすがに甲斐のクニだ」と感心させられる。

そのうちに鰍沢なんていういかにも江戸時代のサムライ小説に現れそうな駅を越えて甲州盆地へと入ってゆく。甲斐富士のいかつい姿が見え隠れする。

身延線の時刻表とすれ違った富士川号の姿を掲載します。(うまく画像が乗るかなあ?)

          四苦八苦の末、やっと乗りました。

たったこれだけを書くのに1時間を超えるんだものなア。我ながらへたくそ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-039 難民受け入れ準備

2017-04-17 09:33:00 | この道の先に

風の谷通信No12-039

承前:まさかとは思うけど、新聞報道によるとアベ政権が朝鮮有事の際の難民受け入れ態勢の検討を始めているという。カールビンソンが北上するにつれて緊張の度合いが高まる朝鮮半島情勢。将軍サマのご機嫌が気になる。

アベさんは難民受け入れの検討を始める。もしかしたら「これ幸い」と待ち構えているのかしらん。この長い国境線をどう護るのか知らん。厳しく拒絶するのか、あるいは人道主義に徹して受け入れるのか知らん。兵士が紛れ込むのをどう防ぐのか知らん。

今朝のニュースでは将軍サマのロケット打ち上げは失敗したらしい。

世界が平和でありますように。オンマニペンフムオンマニペンフム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-038朝鮮情勢が緊迫

2017-04-13 17:41:04 | この道の先に

風の谷通信No12-038

また1週間飛んでしまった。日曜日に久しぶりに神戸まで映画を観に行ったので調子が狂った。

その間に朝鮮情勢が変化した。なにしろ宗主国政権がシリア政府軍を爆撃したのに対して、この国の自称右翼政権は即支持を表明した。威勢の良いハナシです。その流れから考えると当然朝鮮への圧力行動に対しても即支持ということになるでしょう。

しかし朝鮮問題は少々厄介ですぞ。まずアメリカさんは朝鮮を爆撃できないだろう。まさか、本当にヤルとは思えないけどナ。一旦軍事攻撃に訴えたらとことん最後までやらにゃならん。そりゃできないだろう。次に、本当にやったらこのこ国は大変だぞ。それこそハチの巣を突いたような騒ぎになるぞ。真っ先に沖縄が標的になる。他のブロガーが書いているように大戦争になるだろうし、この国に向かってはミサイルが飛んでくるだろうし、何万何十万という避難民が逃げてくるだろう。この長い国境線(という海岸線)に難民が押し寄せた時にアベさんはどうするんだろう。そしてアベさんを尻押ししているウヨクさんたちは難民を受け入れるのだろうか。官民協力して稚内から先島諸島までの海岸線・島嶼で難民を受け入れて住まいと寝具と食料と便所を提供するのだろうか。アベさんは自衛隊を動員してミサイルを防ぐんだろうか。そりゃできんだろうが。また、駆逐艦わずか数隻にミサイル迎撃ミサイルを持たせてもいざ!という時の役には立たんだろう。この国には大戦争に備える能力はない。いくら肩肘張って力んでみても所詮は小国にすぎない。もう神風は吹かない。この国は神のクニだなどと言うのは妄想。

できないことはやめた方がよろしい。カネのムダ使いです。宗主国の尻にくっついて強がっているよりも国の力に見合った行動規範を作った方がマシですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-037 また戦争・シリアで

2017-04-07 17:48:53 | この道の先に

風の谷通信No12-037

昼間のニュースで、トランプ大統領がシリア政府軍への空爆に踏み切った、との報道があり。攻撃の原因はもちろん化学兵器の使用でありますが、トランプ自身が「オレはオバマとは違うぞ」と見せつけたいのも理由の一つだそうでーす。(本当かしらん?)

そして、さきほどネットニュースで確認すると、アベさんがこの攻撃を日本政府として支持する、と発言したそうでありまーす。早速の追認であります。以前のイスラエルでの演説と併せて、またしてもアラブにちょっかいを出しています。要らんことをしてまたしても嫌われるぞ。

それでお前はどうなんだい?と訊かれてもわしゃ知らんがナ。そんな難しいことは判らんワ。

 

それよりも興味深いニュースが一つ。太陽系外39光年の向こうに気体のある星が見つかったそうでして。その星《GJ1132b》の想像図が載った。気体の成分はメタンか水蒸気かと思われるが、気温は100~300℃とみられる、とのこと。この温度では地球上の生命体は生存できない。見つけたのはイギリスのチームだったかな?

楽しいハナシです。なにしろその地球からは見えない姿を想像するだけですよ。どうやって想像するんだろう?39光年先と言えば只今電子カメラをセットして撮影しても映像が届くのは39年先の未来だということ。ロマンチックな話です。どこかの天文台長がつい最近のラジオで語っていましたよ、望遠鏡で天体を眺めて下さい、地球の上のことが小さく思えてきますよ、と。

イヤマッタク。この地球の上で戦争なんかやってはおれませんぜ。イスラム教もキリスト教も天体を眺めてみたらどうねすかね。わたしは宗教のことは判らんけど、同じセム族同士で、砂漠の遊牧民で、しかも同じ旧約聖書を信奉する人間たちが相争っているなんて、サマになりません。ましてシリア国内戦なんて全く同じイスラム教徒同士のケンカでしょう。おまけにそこへキリスト教のトランプと仏教徒のアベがちょっかい出そうてんで、まったく判らんワ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-036 危ないことばかり言うけど

2017-04-06 14:58:17 | この道の先に

風の谷通信No12-036

ついうっかりとしていたら、前稿からすでに10日経ってしまった。世間はめまぐるしく動いているのに、この身はなにもできなくて、焦るばかり。

いやいやまったくコワイですよ。テロ対策の法律だというけど、本当の狙いは広く国民全般の反政府行動を取り締まろうという法律でして。なんでもかんでも、反政府行動は『「悪」』なんですから。アベ政権の思いのままに世間が動いていて、仲間の自民党さえブレーキを掛ける奴がいない有様。2月なかばから3月なかばへ掛けてのある議事録が全く欠けている・・・という奇怪な事実。それでも自民党政権は平気。これで、この国が法治国家だと言えるのか?民主主義国だと言えるのか?

森友学園のカネの動き、同和団体が絡むと言われる廃棄物処理、そこに群がる利権人脈=本当かいな?、加計学園の疑惑、公文書廃棄の怪、アッキード事件の成り行き、復興大臣の傲慢不遜、教育勅語の評価・・・。右でも左でも構わないけど、とにかく『言論無用』の横暴内閣の振る舞い。

みなさん、今のうちに気を付けないと、気づいた時には「遅かりし」となりますよ。なんだか知らないけど近くのクニに対して好戦的な姿勢を採るのがお好きなようで。そのくせ、宗主国が頼りの強がりだけであって、その実、今朝も35分間も親方と電話会談したそうな。親方の後ろ盾がなければできないケンカならば最初から止めておきなされ。このヤマトのクニは戦争して勝てる国ではないですよ。ミサイル発射に対して「明確な国連決議への明確な違反」だの「我が国の安全保障に対する重大な挑発行為」だの「断じて容認できない」だの「強く抗議する」だのと言ってみても、そこには「日韓米三国で緊密に協議して」であり、それが無ければ何もできないのがこの国の実力ですよ。

そんなことを言うとある種の右派たちは怒るだろうが、正直な所、中国・朝鮮を相手にケンカして勝てる見込みは絶対に〈ない〉。国の内部さえ治める力のない政権が外国相手に強がってみても所詮は蟷螂の斧でありますよ。

アメリカは南北戦争を終えて西海岸に達した時代から太平洋を「自分の海」とすべく力を注いできた。アラスカからアリューシャンを取り込み、ハワイを取り込み、先の戦後はグアムばかりかマリアナ、ミクロネシアまでも実質支配している。おまけに沖縄も自由自在に支配している。その支援を頼りに「優秀なヤマト民族が・・・」頑張ってみても望みはナシ。東京裁判を否定して、慰安婦を否定して南京事件を否定してみても所詮は泣き言。

もし気に入らないならもう一度戦争してみろ・・・そりゃないですよ。とすれば大人しい外交政策に頼るしかないですがナ。ここでむずかしい政治論争をする能力はないのでおとなしい話だけ記録しておきます。

それでなんの話だったっけ。そうそう、偉そうに肩肘張って国民を粗雑に扱うなヨ、という話でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-035 谷さんの身辺情報・追加訂正あり

2017-03-26 17:19:42 | この道の先に

風の谷通信No12-035

前々回の当ブログで、谷さんがアブナイのではないか?と書いた。

どんな偶然か、日刊ゲンダイの記事(多分フェイスブック記事)が当メールボックスに掲示されたので読んでみた。

曰く:谷さんをアフリカの大使館付き駐在員に「飛ばす」、つまりは国外追放の計画である・・・という。

この人は経産省から首相夫人付きに派遣された人であるから外務省所属ではないが、この辺の高級官僚は省の垣根を越えて移動するものらしい。彼女のメールがアベさんにとって「極めて」不愉快な物であったので、アベさんが「激怒した」との情報でありまーす。アハハハ。

アフリカなんかへ飛ばしたらどうなるか。まぁ、自殺される恐れが無くなるのでまずは一安心しています。しかし、治安が不確かな国で人知れず消されてしまう可能性は残ります。国際政治の裏の闇はどこまでも暗く恐ろしいものですから人一人の命なんて闇から闇へ葬るのは朝飯前とう世界。そんな危険を逃れたら、あとは谷さんがどう動くかにかかっています。戦意喪失で政権に従順な事務官僚に堕すかも。あるいはアベさんの意に反して、裏の事情を洗いざらいぶち撒けるか。後者の場合はもちろん地位を投げ捨ててフリージャーナリストとして、身の危険を考慮しながら活動するだろう。孫崎享・古賀茂明・天木直人各氏の先例にならうかも知れない。そうなると、アベさんにとっては厄介な手ごわい相手が一人増えるだろう。

まぁまぁとにかく、アベさんにとって目障りな事態が拡がっています。

ついでながら、日刊ゲンダイの姿勢は「ジャーナリズムらしい」という情報が多い。各社のトップがアベさんの「鮨友」になって媚びへつらうのが多い中で権力監視の姿勢を保っているのは一部のフリージャーナリスト達と日刊ゲンダイ・某TV局金平キャスターなどごく少数に限られている・・・と言われる。皆さん、他に有力なジャーナリストを知っていたら教えてください。

以下に追加訂正

ブログを漁っていたら、谷さんについての情報あった・が《本日付けで南アメリカの外交官に転任》だそうです。国名は不明。まさに「飛ばされた」んです。見え見えの人事ですよ。喚問するのなら呼び戻すことが必要。だけど、アキエさんは彼女が急にいなくなって困るだろうなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-034 アベさん辞めるの?

2017-03-25 17:08:35 | この道の先に

風の谷通信No12-034

先月末に、アベさんが今にも辞めるそうな記事があるブログに載ったので引用させてもらったが、その気配がないですな。見た処もう余命いくばくもないという事態ですが、しぶとく残っていますな。

なにしろこんな事態になっても政権の支持率が50%を降らないというのですから、この国の人達はよほど忍耐強いのでしょう。「他の人の内閣よりもそ良さそうだから」という消極的な理由で政権が生き延びるなんて信じがたいです。

今日のブログに鈴木邦夫さんの演説が引用されています。「愛国主義」は国が言うと信じられないそうです。三島由紀夫は「愛国に国境はない」と言ったそうです。右翼の鈴木さんが言うのです。「特定の人を祀る靖国や東照宮は神道のカルトである」と。これは興味深い言葉です。ウヨクを自称する人たちは自分の意見を再考するとよろしいな。日本神道の神髄は古神道にこそあります。

私は古事記を信じます。但しそれだけの物語として。日本書紀も然り。但し、日本書紀がこの国の肇の真実を記録しているとは思えない。古事記も然り。だから、神話を核心に据えた歴史教育や道徳教育を支持しない。

さて、アベさんはどういうでしょうかね。それとも黙って辞めるのかしらん?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12-033 谷さんがアブナイ

2017-03-24 18:25:28 | この道の先に

風の谷通信No12-033

国会中継が面白い。面白いと言って笑っておれる事態じゃないんだが、蟷螂の斧にとっては動き様がなく、ただ眺めているだけ。

昨日の証人喚問における籠池さんの証言、きょうの委員会における論戦、なかんずく民進党・共産党の質問に対して答弁側がうろたえている姿が丸見えだよ。官房長官が一瞬狼狽えている姿がラジオを通して観えてくる。

だけど、首相夫人付きという立場の谷さんの身元が不安になってきた。きのうまでは籠池さんの身が襲われるのではないかと気になったが、今度は谷さんが自殺するんじゃないかと心配になってきた。

なにせ、あの人の名前で発信したメールが鍵を握っている事態だから。高級官僚の中でトップの次の人間が責任を被って自殺するという政治風土がある国だから、コワいな。

南無観世音菩薩 オンマニペンフム・オンマニペンフム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加