風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

11−055オバマぼヒロシマ訪問

2016-05-28 15:57:30 | この道の先に

風の谷通信No.11−055

伊勢志摩サミットが終わって、オバマさんがヒロシマへ直行した。献花後にどんな話があるのかと思っていたら、想像以上の内容の演説であった。英語は判らんけどなんだか説得力のありそうな語りの態度であった。(内容は今朝の新聞で読んだけど、よく判らん)。

それにしても、資料館の見学時間は短かったなぁ。たった10分間だと・・・。何を観たのだろう。何を観察したのだろう。何を感じたのだろう。

だけど、あの語りの姿と比べると、この国の『政治家』達の言葉がいかにも貧弱だ。そもそも、自分の信条を国民に向って言葉で語り掛けて、説得して、政策実践する・・・というのが政治家の姿であると思うが、その言葉に説得力がない。アベさんのおちょぼ口の口びるの先から出るいかにも軽薄な言葉には指導者としての信念や品格が感じられない。議会で飛び交う下劣な≪ヤジ≫だけが勢いを持っているとは情けない政治家たちだよ。

話が逸れた。事前に論争のタネになっていた≪謝罪するか否か≫については、謝罪がなかった。それでよろしい。今更謝罪してもらっても役に立たん。その代り、二ホンも謝罪する必要はない。中国に対しても謝罪すること無用。なぜか。それが≪戦争だから≫。奴らは勝つために原爆を投下したのだし、日本は勝つために狂人的な蛮行に走ったのだから。謝罪は講和と賠償で決着を付けた。

これ以上は、各国の各世代の指導者たちがヒロシマの資料館を訪問してほしい。その一方で、この国の指導者たちが、あの戦争へ確たる反省をしてほしい。この国が間違った戦争であったことをしっかりと認識してほしい。そもそもあれだけコテンパンに叩き潰されておいて、今更二ホンは正しかった、単にアメリカの物量に敗けたに過ぎない、などと吠えること自体が間違いである。今更亡霊を求めて何になるか。間違った戦争をしたから負けた。それで終わり。これ以上は学者でも政治家でもない私には判らん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−054沖縄のこと・伊勢志摩サミットのこと

2016-05-26 17:35:22 | この道の先に

風の谷通信No.11−054

さすがにサミットの当日だけあって、ブログ情報が多い。しかも、サミットの議論内容よりも、沖縄の件や東京の事件の方が多い。

 

ブログ・マスコミに載らない海外記事がTPIPの解説をしている。欧州が崩壊するかもしれないと推測し、その傾向をむしろ歓迎している。ついでにTPPを同列で扱っているので、二ホンの将来も崩壊するのではないかという私の予測が現実味を帯びてくる。このブログを要約・拡散するだけの勇気も能力もないのでトラックバックに繋いでおきます。

次に、ジャーナリスト同盟がアベ・オバマ対談を採り上げていて、二人が沖縄米軍属の暴行強姦殺人遺体遺棄事件をそもそも問題にすることなく、まして地位協定を問題にする意図もないことを詳細に解説している。これも私の個人的能力を遥かに超えるのでトラックバックに繋いで拡散します。

いずれも、この田舎の後期高齢者が推測する通りであります。アベさんやスガさんが沖縄県民のイノチやココロを真剣に考えているはずがないですよ。オバマさんのお追従をするのが精いっぱいで、あんなことでよくもまあネトウヨや日本会議の支持を得られるものだと感心します。

他にも、「世相を斬る あいば達也」のブログが「目を覆うばかりのすれ違い」という評論を載せています。

 

さらに別口でもう一つ。冨田真由さんに対するストーカー襲撃事件で、出演を依頼してきて約束が出来ていたNHKが宇野常寛さんに対して突然「キャンセル」してきた、という。宇野さんの名前は初めて知ったが、彼は評論家でアイドル関係にも詳しいという。しかし、事件に関する警察の対応を批判しようとしたところ、出演をキャンセルされた、、、という。これを報じたブログ「リテラ」によるとNHKの過剰な自己規制だという。なんだか、世の中が息苦しく・息苦しくなって行くような気配だ。被害者の冨田さんはアイドル活動をしていたが、最近はシンガソングライターとしての活動多いので、アイドル路線とは異なっているという。しかるにテレビの報道企画では事件を「アイドルオタク」や「地下アイドル」としてまとめたくて、強引にそちらへと歪曲報道したいのだ。そこで宇野さんの報道姿勢と食い違いが起きて、テレビ局側が出演を断ってくるのだ。

カネモチはカネを持ってタックスヘイブンへ逃げ出すし、有名人で稼いだ人はニューヨークで暮らしているし、優秀なアスリートは外国でプレーするし・・・。残るのは才もなく、血脈もなく、地盤もなくて、不正規雇用でその日暮らしで、その子どもへと貧困格差を相続し、温かい家族は崩壊する、子供は学資が足りないので自衛隊に志願して戦場へと送られるかも。そんな階層が主体になるのかネ。これが本当に二ホンの右派の描くこの国の将来図ですか???アベさんの政治で、世の中がだんだん息苦しくなり、口びるが寒くなり、背筋が寒くなり、かくして人心が冷えてゆく。こりゃダメだ。明るい未来の姿を描いてみたいよ。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−053沖縄海兵隊軍属の強姦殺人で

2016-05-23 21:49:23 | この道の先に

風の谷通信No.11−053

きのうの続き:

犯人の軍属は強姦相手を求めて2時間も3時間もうろついていたというからには、やはり「行きずり」ではなかった。こちらの想像通り、最初から犯行目的があったのだ。最初から「暴行強姦致死遺体遺棄」の計画的犯行だ。遺体を捨てた現場は土地勘があったからだという。そこまで計算していたのか。クソッタレ。

もう一点、翁長菅知事の言葉。「再発防止の努力する」という表現は何回聞いたことか。しかし結局は実効性がないのだ。アベさんは「できる限りの事はすべて全力でやる」というが、これは逆に「やらないことはすべてやらない」と言う意味だ。

まさにその通り、翁長県知事は正しく批判している。アベさんの言葉には「まこと」の心がないですよ。アベさんや米軍は沖縄の個人的な犯罪被害なんか気にも止めてはいないですよ。本気で事件を無くしようなんて、やる気なんかないですよ。ハラの中で舌を出しているよ。こちらは腸が煮えくり返っているのに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−052進行中の大きな欺瞞二つ

2016-05-22 14:48:41 | この道の先に

風の谷通信No.11−052

二ホンの空を大きな欺瞞が覆っている。この国が二つの欺瞞に覆われている。一つは沖縄の米軍属による女性殺害、もう一つは舛添都知事報道。

まずは関連する政界日程を新聞報道から列挙しておこう。
5月21日:中谷防衛相が沖縄米軍トップに会って抗議・要請
5月22日:沖縄女性団体が沖縄米軍基地前で集会
5月23日:安倍首相と翁長知事との会談
5月15日:米軍普天間飛行場の辺野古移転に反対する沖縄市民団体が集会
5月26日:伊勢志摩サミット/沖縄県議会が事件に関する抗議決議採択
5月27日:オバマ大統領広島訪問/沖縄県議選告示/沖縄県の女性観光
     客暴行事件で米
海軍兵の初公判
6月05日:沖縄県議選投開票

そこで、米軍属による女性殺害事件はメディアで「死体遺棄事件」と報道されている。これはゴマカシである。本当は【暴行強姦刺殺遺体遺棄】である。キッカケは暴行強姦である。死体遺棄事件と言う表現で事件性を薄めてある。ゴマカサレるな。

確かに、二ホンでの新聞媒体は「強姦」という表現を避ける方針である。しかし、これはゴマカシに過ぎない。この犯人は、日本女性と結婚して子供もいるという。単なる性欲のはけ口として行きずりの女性を求めた訳ではなさそうだ。米軍を除隊して軍属としてIT関係の仕事をしていたというからには単純なバカでもなさそうだ。それがどうして犯行に及んだのか?判らん。

一般論であるが、ギリシャ・ローマ文化を基盤とする社会では、戦争で勝った相手領土へ入ると、征服者として敗戦国の「オンナ」を略奪するのは当然の行為である。一つの事例がホメロスの「アンドロマケー」である。その伝統が現代文化の底流にも生きているのだろう。

中谷防衛相が沖縄四軍調整官ローレンス・二コルソンに抗議して、彼から「残念だ。二度と起こらないように対応する」という返事を引き出してもそんなものは何の役にも立たない。屁のツッパリにもならない。その証拠に、今まで何度その言葉を聞いたことか。彼等はハラの中で舌を出して「下司野郎達は仕方ないナ」と笑っているだろう。もう一方のナカタニ防衛相は、抗議しながらも、ハラの底では辺野古移転への影響を心配しているだけで、被害者や沖縄県民への想いがあるとは想像できない。さてオバマがなんと言うか。オバマさんはベトナムを訪問する(予定?)らしい。枯葉剤の悲惨な結末を目にしてどう思うか。そして二ホンに来て沖縄の実情を知ってヒロシマの姿を見て、どう思うか。恥をかいてアタフタを逃げ帰る姿を見たいものだ。

それでもヤマトンチュは怒らない。

次に、マスゾエさんの混迷。まだ「事件」と呼ぶには適しないが、実態は「犯行」レベルだ。浅薄なマスコミのゴシップやメディアスクラムに気を取られていると巧妙なゴマカシに迷わされて、大事な動きを見逃すぞ。でも、彼を選んだのは東京「都民」である。果たして首都の住民だと言う資格があるのかネ?

この報道がこのクニの耳目を集めることによって、アベさんの政治が国民の眼から隠されている。巧妙なゴマカシである。アベさんは憲法改定しか眼中にないのかネ?選挙制度と議員定数の議論、消費税増税議論、報道規制議論、熊本大分大地震と復興工事の問題、原発稼働問題、フクシマの汚染土とその処理問題、甲状腺ガン発生問題、TPP議論、、、、あーぁ、どうなるの?

ゴマカシてゴマカシて、問題を先送りして今日も欺瞞の雲が流れて行く。先送りの壊滅的結果が明らかになる頃には、既に引退していて「ワシャ知ーらんぞ」ととぼければいいんだから。上の人達にはうまくできています。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−051沖縄よ怒れ

2016-05-21 19:21:57 | この道の先に

風の谷通信No.11−051

こんな目に遭わされているのにヤマトンチュはおとなしいなぁ。

三菱の燃費不正もただなんとなく通り過ぎてゆくだけで、クルマが突然売れなくなったと言う程の話は聞かない。そして、新名神の工事現場で同じような崩壊事故が起きた。なんで、こんなにも近くで、同じ会社の下請け工事で、同じ支柱崩壊が起きるの???

そろいも揃ってありゃ【物造り二ホン】の信用を根底から覆す事件だよ。新幹線技術の輸出とか各種プラント・プロジェクト輸出等の信用に関わるよ。

 

次いで、舛添都知事があれほど不埒なことをやっているけど、都民の中から怒りの声が聞こえない。なに?なんだって?イヤ、あんな奴は即辞めさせてしまえー!という声がどこからも起きてこないのだから、ということ。

なんてたって、先の都知事のチャランポランを咎めることなく放置し、おまけに何百万票とかいう支援票を献上したのだから。東京都民だって甘いもんだよ。だから舛添さんにナメラレタのでしょう。

 

だから、沖縄で若い女性が殺されたのに・・・明らかに性的暴行目的(単なる強姦以上の凶悪な行為)で殺して捨てたのに、ヤマトンチュは怒りも示さない。今朝も読売新聞を読んでみたが、基地を無くせ、という意見が載るはずはないぞ。沖縄よ。怒れ!

沖縄の怒りが大きなうねりとなって、オバマが尻尾を巻いて引き返すことになれば有り難いのだが。オバマの尻馬に乗ってアベさんが平和主義者ぶり、かつ日米友好を演出しようとしている。根っからの改憲主義者なのに(平和憲法否定・立憲主義否定・国民主権否定論者なのに)平和ぶっても仕方がなかろう。そもそもアメリカが組み立てた戦後の政界観が気に入らないんだろうが。それなのになぜアメリカの尻尾にぶら下がるんだ?そのオバマが尻尾を巻いて逃げ帰るといいんだ。

いささか、表現が過激になった。もう20時近い。疲れた。止めよう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−050またしても沖縄で米兵が

2016-05-20 19:11:55 | この道の先に

風の谷通信No.11−050

今日は熊本と川内原発、新名神工事場事故、三菱の燃費データ不正とを記録する予定にしていたが、急きょ変更。

沖縄で女性が行く方不明になっていることをメディアが長い間報じてはいなかった。それがきのう少しだけ公開したと思ったら今日の事件報道となった。サミット会議の直前というまことにまずい時期だなぁと思ったが、朝日・神戸は一面に報じた。さてアベ政権代弁新聞の姿勢はいかに?と思ってコンビニへ出かけたが、サンケイ新聞は売り切れていた。ならばと読売を買ってみたが一面には報じていない。なんじゃ?と思ってゆっくりと探すと裏2面、つまりラテ欄をめくったページに記載している。ネトウヨの皆さんはどう言っているのか知らん。日本会議派の人たちはこの事件をどう評価するのかしらん。右派のわたしは悔しくて仕方がない。

 

読売にとっては,沖縄で女性が米兵軍属に殺されても一面記載の価値がないのだ。夕方になってネット情報を検索してみたが、読売だけではない、どうやらメディア全体が報道管制を敷いていたらしい。一部沖縄の警察関係が地元のメデイアに「リークして」、やむなく公開されたらしい。警察にもこの事件の報道管制に腹を立てた奴がいたらしい。当然だ。

オバマさんが来るときに合わせたように事件が起きた。アベ政権にとっては、沖縄の人命よりもオバマのご機嫌の方が気にかかるらしい。キシダ外相が夜中にケネディ大使を呼びつけて抗議したというのだから事件報道があってしかるべきだ。その報道が抑えられたということは政権が圧力をかけたのか、それともメデイア側が政権の思惑を忖度して自粛したのか。もし自粛したとすればメデイアの自殺行為だ。

 

考えなおしてみれば、(被害者には申し訳ない表現で、誤解を招く恐れもあるが)こんな時期に起きるというのは好都合かもしれない。つまりはオバマさんが面子を失うのだから。事件に直面して、逃れようのない屈辱を味わうのだから。それがアメリカ軍の真の姿だよ、と世界中に恥をさらせばいいんだよ。

 

いずれにしても、政権と報道機関の自滅行為である。戦後70年だよ。いまだに戦勝国が占領軍を置いて、この国の政治も通信網も制空権も制海権も支配しているとは、どうしたことか。おまけに保険資金も年金資金も郵貯資金も、さらには農業も医療も収奪しようと企んでいる。更には、いまだに北方領土交渉にまで干渉しているとは。元凶は≪日米地位協定≫らしい。そりゃ、シリアの人質も朝鮮の拉致被害者も助かる見込みはないよ。自国民の安全よりもオバマさんのご機嫌を窺ってばかりいるんだから。

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−049仮想現実・グーグルマップの力

2016-05-17 20:43:59 | 世相あれこれ

風の谷通信No.11−049

コンピュータの先生に指導を受けていて話題がパリに及んだ。そこでグーグル地図の使い方を教わった。先生はシャンゼリゼー辺りを参考に読み取っておられたが・・・。

なんたる能力!あのパリの街の小さな街路一つ一つに事細かにカタカナで記名してある。パリだけじゃなくて、世界各地の街路の名前や田舎の地名が採録されていると考えるのが当然だろう(まだ他の街については確認していないけど)。

それで、きょうは独りでパリの街を散歩してみた。息子の住んでいる街路を検索してみた。アラアラ面白い。なかなか行き着かなかったけどやっとその街区にたどり着いてカーソルを振りまわしてみたら、なんとなんと街路の横面までも見えるんですぞ。やっとこさ見慣れた情景を見つけて歩道の方へカーソルを振ってみると、店の正面の姿やアパートの入口が見えた。さらにカーソルを上へ振ってみると、なんとなんと彼の部屋のベランダとガラス窓と中のカーテンが見えた。

こちらから声を掛けると窓の中から息子が手を振って応えて来そうな錯覚に陥った。イヤまさに「仮想現実」だね。自宅にいる自分が今まさにパリの歩道に立って、息子の窓へと呼びかけているような錯覚を覚えた。

ついでに現在の住所を検索してみると我が家の裏道を走って採録した画面を見つけた。恐るべしグーグルマップの力。こんな形で全世界の都市も農村も山村も、工場もナントカ施設も全部グーグルの手中に握られたら、世界の今後は恐ろしいなぁ。もっとも、人間の役に立つように使えば、優れた世界平和の道具になるだろうけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−048書く気を失っていたけど

2016-05-16 16:12:20 | この道の先に

風の谷通信No.11−048

現在は16時過ぎ。外は荒々しい風と雨。建物の表側の雨戸がガタガタ鳴っている。裏側のエスロン屋根のうち傘釘が抜けた部分があおられてバタンバタンと鳴っている。

夜中というか早朝と言うか、まだ明け始めない頃に外は嵐だった。ドッドッドドッと吹き付けて波状攻撃で家全体を揺らしていた。夜が明けてから風が収まって世間が穏やかになったので朝飯と昼の買い物に出かけることができた。しかし城山の姿は頂上まで見えているのに空は暗くて、まさに一筋の青空も見えず、まるで冬の夜明けの気配だった。そして、予報通りに午過ぎからまた嵐が始まった。トタン雨戸に吹き付ける雨の音が、ちょうど映画で演出する雨音そっくりに鳴っているのが面白おかしい。

 

前回に記録してからすでに一旬が過ぎた。なぜか書く気が失せていた。フクシマの汚染土を全国の公共工事の土台に使うという報道に接してアキレタと言うか、このクニの横暴・暴虐・無為無策に失望したと言うべきか、気持ちがくじけた。加えて、熊本・大分の被災に対するアベさんの無視ぶりを観て、これもまたしてもこの国の無神経さに呆れてしまって、記録する気にもなれなかった。

その間、ある小説を読みふけっていた。富山平野を舞台にした部分があって、その観察と心理描写がすばらしいのが気に入った。部分読みも含めて5回以上繰り返して読んだことになるだろう。しかし、こんなことをいていると、アベさんの思う壺だろうなぁ。庶民が政治に関心を失ってくれると喜んでいるのだろう。

口先男のアベさんは自分の権力しか眼中にないのだろう・・・と思う。そして、その視線の中心には今のところ伊勢志摩サミットしか無くて、フクシマも熊本・大分も川内原発もないらしい。オバマさんの気に入られようと一生懸命なんだろう。

と思っていると、仲間の公明党までもがまたしても恥知らずな行動を始めた。街宣車を走らせて、党の宣伝と(多分次の選挙での立候補予定の)個人名の連呼を併せている。もう恥も外聞もない宗教政党だ、イヤ団体だ。コバンザメ団体は政治の世界からはやく消えてくれ。

 

さて、今後の記録がどんな方向を向くのか、自分でも判らない。たったこれだけを記録するのに1時間もかかってしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−047信じがたい粗暴な韓国サッカー

2016-05-04 18:51:25 | この道の先に

風の谷通信No.11−047

まことに驚くべきシーンを観た。スポーツマンらしからぬ不愉快な姿をみた。実は、先ほどのニュースで韓国と広島のサッカー試合のあとの汚さを報じた。すでにFBかツイッターに出ていればそれを拡散しようと思って探したが見つからないので直接記録することにした。

 

新聞の予告によれば今日の試合は広島とFCソウル。試合が終わって解散する時に韓国の選手たちが手首のサポーター(白色)をほどいてピッチに投げ捨てて出て行こうとした。これを広島の選手が咎め、拾い集めて韓国のキャプテンに手渡した。するとこのキャプテンがピッチに戻ってサポーターをまとめて再度投げ捨てて出て行こうそした。さすがに広島の選手が怒って抗議したら取っ組み合い寸前までもめた。そこから先の映像は見ていない。

ニュースではまだその後がある。韓国のメディアを読むと、あれはゴミを捨てたのだとか広島選手の対応を非難する記事が載っている、という。ゴミを捨てたのは「文化の違いに過ぎない」とも書いている。・・・・・・・・・まぁ詳しくはスポーツニュースででも読んでみて下さい。(程度が程度なので詳しくは記憶していません。ここに書いたのは事件の概要に過ぎませんので。)

 

それにしても韓国は選手もファンもお粗末。私情を言えば、私は韓国人嫌いである。一般的に言えば在日も嫌いである。しかしヘイトスピーチをやろうとは決して思わない。共存の道があると信じている。仲良くする道があると信じている。しかし、こんな汚い≪粗暴な≫韓国人を眺めるとイヤが上にも反感を覚える。サッカーの試合と言うよりはまるでケンカですよ。仲良くするのは難しいなあ。こんなことをすると、またしてもツイッターに日本人の韓国攻撃が増えるよ。韓国軽蔑ツイッターが我が物顔にはびこるよ。

どちらも止めてほしいよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11−046放射能汚染土を全国にばら撒く

2016-05-03 17:29:42 | この道の先に

風の谷通信No.11−046

 

話しがここまで進むともう呆れる他ない。

何の話かと言うと、除染作業で集めた汚染土を、全国の公共工事に再利用することになったという。他のブロガーの記事からの情報です。それらによると・・・。

除染で集めた汚染土=「汚染」土ですぞ、汚れたから集めたんですぞ=のうち8000Bq/Kg以下のものを、全国の公共工事に利用することになりました。環境省が認めたんですナ?本来はセシウムの汚染が100Bq/Kgまでは認められていたはずです。それが今度は8000Bq/Kgですぞ。

しかし、核のゴミをフクシマに永久保存できないし、結局はどこかへばら撒くしかないということか。覆土と管理をしっかりすれば部材として利用しても構わない・・・という結論になった模様です。

さて、管理をしっかりやれば・・・というのはどんな実践になるでしょうか。いつも通りこの国の事なかれ主義の弥縫策です。結論は≪汚染土を全国に薄めてばら撒いてゴマカシて終わる≫ということですナ。≪深地層に300年間埋めて置けばよろしい≫というのと同じでしょうかネ。やっぱりそうか、日米原子力ムラの方針は二ホン全土を核汚染物質の保管場にするのだ!。

ばら撒きの情報源は‥鎮耄矯逎献磧璽淵覘¬韻寮漆景后ξ詭敘邊遒裡卸錣任后今回はブックマークにリンクしていません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加