育毛博士のこれしかない!

23歳5ヶ月という若さで、見事薄毛になり、そこから目を見張る大逆転劇で薄毛を改善させた管理人がいろいろアドバイスします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

髪によくない習慣って?

2015-11-23 16:03:35 | 日記
皆さん、こんにちは!

この記事を読んでくださっている皆さんの大半は、
多かれ少なかれ薄毛について悩んでいる方かと思います。

薄毛というと育毛剤など育毛グッズについ目が行ってしまいますが、
皆さんの生活習慣はどうでしょうか。

髪に良くないこと、してませんか?

ちょっとここでチェックしてみてください!

髪に良くない習慣として、まず挙げられるのはストレスです。

働いていたりすると、ストレスをためないことはほとんど不可能だと思いますが、
薄毛だけでなくいろいろな病気の原因や症状悪化の根源ともなるこのストレス、
発散方法を見つけるなどしてうまく付き合っていきたいものです。

次に、睡眠不足。

毛髪の成長を促すホルモンなどは寝ている間に分泌されます。

あまり夜更かしはしないようにして、最低でも5時間は睡眠時間を確保しましょう。

次に、不規則な食生活。

特に一人暮らしの男性、インスタントものばかり食べていたりしませんか?

食も毛髪の成長には欠かせない大事な要素です。

亜鉛や鉄分、ビタミンは髪には特に大事な栄養素ですから、意識して摂りましょう!

次に、喫煙。

タバコは百害あって一利なし……わかっているけどやめられない、という方も
多いのではないでしょうか。

喫煙によって血管が収縮し、頭皮の血流も悪くなってしまい、結果として
薄毛につながります。

禁煙とまではいかなくても、まずは量を減らしてみるといいでしょう。

最後に、運動不足。

これも全身の血流が滞ってしまいます。

軽い運動はストレスの解消にもなりますから、全然運動をしていないという方には
是非取り入れていただきたい習慣です。

この記事をはてなブックマークに追加