乱鳥の書きなぐり

遅寝短眠、起床遊喰、趣味没頭、興味津々、一進二退、千鳥前進、見聞散歩、読書妄想、美術芝居、満員御礼、感謝合掌、誤字御免、

四天王寺 元三大師堂    大阪市天王寺区    (14景)

2011年06月12日 22時08分31秒 | 国内






    四天王寺 元三大師堂    (大阪市天王寺区)






 夕日丘から四天王寺に向かって歩く。 



 商店街の脇道に、立派な門。




 四天王寺 元三大師堂の、乾門。




 乾門をくぐると、墓地。




 古く立派な墓が多く、◯◯◯翁や、他にも有名そうに思えるが実は知らない名の墓が多くありました。


 

 元三大師堂御廟前と掘られた灯籠が左右にあります。




 手水舎(ちょうずや・てみずや 水盤舎すいばんしゃともいう)には、次のように掘られています。

     江戸堀 三丁目 俗名 芳屋長蔵 






 墓地には、魚藍観音(ぎょらんかんのん)がいらっしゃいました。


    魚藍観音とは

       魚籃観音(ぎょらんかんのん)は、三十三観音に数えられる観音菩薩の一つ。

       中国で生れた観音の一つで、同じ三十三観音のひとつである馬郎婦観音(めろうふかんのん)と同体ともされる。



    概要

       中国唐の時代、魚を扱う美女がおり、観音経・金剛経・法華経を暗誦する者を探し、めでたくこの3つの経典を暗誦する者と結婚したがまもなく没してしまった。

       この女性は、法華経を広めるために現れた観音とされ、以後、馬郎婦観音(魚籃観音)として信仰されるようになったという。

       この観音を念ずれば、羅刹・毒龍・悪鬼の害を除くことを得るとされる。



    形象

       形象は、1面2臂で魚籃(魚を入れる籠)を持つものや、大きな魚の上に立つものなどがある。

       日本ではあまり単独で信仰されることはないが、

          東京都港区の魚籃寺、
          三重県津市の初馬寺、
          千葉県松戸市の万満寺、
          滋賀県長浜市木之本町古橋(旧鶏足寺)、
          長崎県平戸市生月町(生月観音)              などにある。






 向かって 左




 向かって 中




 向かって 右   

 三つとも、美しいですね。




 元三大師堂を正面から見てみます。





 元三大師堂の中を拝見。

(四天王寺もお堂内などは撮影禁止が多いのですが、元三大師堂ではカメラ禁止表示はありませんでした)





 元三大師

 元三大師は古くより「角大師(つのだいし)」としての魔除厄除と、学業成就・合格祈願のご利益により信仰される。

 第十八代天台座主

    名       良源(りょうげん)、
    諡号(しごう) 慈恵大師(じえだいし)

 寛和(かんな) 元年(985)1月3日が命日であることから、 元三大師と尊称されている。





 おみくじの創始者。





 元三大師に祈れば智恵を授かる。

  角大師(つのだいし)と変化して、 魔をしりぞけてくださる。

 身体健全・家内安全・心願成就等、 至心に祈りを捧げる参詣者に、無限の守護と霊験を与えてくださる。






 祈れば智恵を授かると言われる元三大師堂の前には、知恵の輪くぐりがある。



 

 茅の輪

 大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事。


 夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われる。

 これは、氏子が茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものである。



 元三大師堂の前のものは、「知恵の輪くぐり」とされる。

 祈れば智恵を授かると言われる元三大師堂(祈れば智恵を授かる…は、これで三度目記入)には、「知恵の輪くぐり」と特定してくくってしまう方が似つかわしい。

「知恵の輪くぐり」は何かにつけ言い伝えが多い 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)をはじめ、全国に見られる。




   


  おつきあい下さいまして、ありがとうございます。


   






ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日 アンネが誕生日プレ... | トップ | 6月13日 太宰治(38歳)、愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。