乱鳥の書きなぐり

遅寝短眠、起床遊喰、趣味没頭、興味津々、一進二退、千鳥前進、見聞散歩、読書妄想、美術芝居、満員御礼、感謝合掌、誤字御免、

99:『稲生物怪録絵巻集成』(杉本好伸編 国書刊行会出版)から『稲生逢妖談』(宮内庁書陵部所蔵)他

2014年09月27日 14時43分30秒 | 本 /2014年度




『稲生逢妖談』宮内庁書陵部所蔵
 
 

   99:『稲生物怪録絵巻集成』(いのうもののけろくえまきしゅうせい) (杉本好伸編 国書刊行会出版)から
            『稲生逢妖談』(いのうほうようだん)(宮内庁書陵部所蔵) 他 解説など
            




 以前から読んでいた『稲生物怪録絵巻集成』に収録されている『稲生逢妖談』をようやく読了。

 百物語ならず三十夜物語形式の『稲生逢妖談』

 収録内容と目次は次の通り(データーベース)

      怪談之由来併画
      稲生武太夫一代記
      稲生物怪録絵巻
      稲亭物怪録
      稲生平太郎物語
      稲生逢妖談
      稲亭物怪図記


 目次
      第1編 
        絵巻(井丸家所蔵『怪談之由来併画』
                  吉田家所蔵『稲生武太夫一代記』
                  堀田家所蔵『(無題簽)稲生物怪録絵巻』)
      第2編 
        新出絵巻と写本
                 (広島県立歴史民俗資料館所蔵『稲亭物怪録』
                  慶応義塾大学三田メディアセンター所蔵『稲亭物怪録』)
      第3編 
        絵本
                 (東北大学附属図書館(狩野文庫)所蔵『稲生平太郎物語』
                  宮内庁書陵部所蔵『稲生逢妖談』
                  西尾市岩瀬文庫所蔵『稲亭物怪図記』)



 

 
 
 二十二日
 こんな妖怪なら、出てきてほしいかも…と、主婦のわたくしは思うのです^^v



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 宮内庁書陵部所蔵『稲生物怪録』 最後の部分


 

『稲生物怪録』のモチーフは、様々な文芸作品に取り入れられています。
       折口信夫『稲生物怪録』
       泉鏡花『草迷宮』
       稲垣足穂 『山ン本五郎左衛門只今退散仕る』『懐かしの七月』『稲生家=化物コンクール』
       田中貢太郎『魔王物語』
       巌谷小波『平太郎化物日記』(『少年世界』大正十四年八月号~十五年二月号に連載)。
       水木しげる『木槌の誘い』
       宇河弘樹『朝霧の巫女』(三次を舞台に描かれた、平成稲生物怪録)
       小沢正・宇野亜喜良『ぼくはへいたろう』 〈『稲生物怪録』に関する研究書・解説書など〉
       東雅夫編『稲生モノノケ大全』
       陰之巻 ・荒俣宏『平田篤胤が解く「稲生物怪録」』
       杉本好伸編『稲生物怪録絵巻集成』
       谷川健一編『稲生物怪録絵巻』
       倉本四郎『妖怪の肖像』
       『妖怪絵巻―日本の異界をのぞく』(『別冊太陽』170)
        以前『妖怪絵巻―日本の異界をのぞく』(『別冊太陽』170)で一部分を載せられていた『稲生物絵巻』を読んだことがある。
       『稲生物怪録と妖怪の世界~みよしの妖怪絵巻~』
       (広島県立歴史民俗資料館(三次市)平成 16 年度開館25周年特別企画展展示図録)





 

 

 

 以前読んだ部分から。写真は九夜目。
『稲生逢妖談』は大変面白い絵本ですが、特に「九夜乃夜」は何ヶ所も大笑いの連続でした。

    92:『稲生物怪録絵巻集成』(杉本好伸編 国書刊行会出版)から『稲生逢妖談』(宮内庁書陵部所蔵)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




   『稲生物怪録絵巻集成』218-304
    
    
              『稲生逢妖談』(宮内庁書陵部所蔵)
               解説


 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『一本刀土俵入』昭和58年歌... | トップ | 100: 『観世流謡曲百番集』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本 /2014年度」カテゴリの最新記事