俺と加速と記憶団vita

ソーレ ソレソレ psvita

寝ている人を絶対に起こしたくない

2016-10-17 00:38:10 | 日記2016

これはDNAに刻まれたninjaの気質で、例え起こす必要があるときでも自分の生死に直接かかわらないかぎりそれを避ける。
しごとじょう寝ている生徒を起こさなければならないがそれは自分のストレスに直結するためaboidしている。
ニューヨークに行く朝も出発前に支度する必要があるスーツケースが寝室にありそこで寝ている人を起こしたくないがためにスーツケースをとりにドアを開けることができず電車一本送らせたくらいだ。

さらに自分の位置情報も知られたくないし人に気づかれたくないし隠れたい。そのため常に忍び足である。そもそも足音を立てたくないし自分の行動で物音が発生するのが許せないのである。

予測できないことがあると物凄い信じられないほど心底驚く。
例えば予期せず人が曲がり角から現れたときや、耳栓してドライヤーかけているなど周囲を把握できないときにふいに人が入ってきたときなどがそれで、うわああああああ死ぬ!!!!!!!!!!!となるのである。予期せぬ人間からは刺される前提で生きている。
よって常にそこから人が来るだろうという予測をしてかなり警戒しながら生きている。教習所でいうと「かもしれない運転」である。曲がり角、階段、ドアなど死角に対して全てエクストリーム臨戦状態で挑む。中二病なので「こうきたらこう」を常に考えている。



耳が良すぎて猫避け音波装置の音が聞こえる。聞こえすぎるため常に耳栓をしている。耳栓もせずに電車に乗ったりドライヤーかけたり掃除機かけたり皿をガチャガチャしたりシャッターをガラガラ開けたりするやつは信じられない。耳がくるっとるか壊れているのだろう。感覚毛が全て流れ落ちて不毛の地となっているにちがいない。


夜の方が好きな理由は比較的人に見られず気づかれずに外を歩けるから(中二病)。昼間でも人に顔を見られたくないため常に日傘を目深にさしている。ついでに眩しいのでサングラスも常にしている。夜も結局車などのライトや電灯が眩しいため日傘をさしている。画面を視るときは眩しいので基本的に画面照明を完全に下げアプリなどでさらに極限まで下げその上からブルーライトカットフィルターを規制外してMAXでかけて変な色になったところをサングラスでみている。人がみると全く見えないとか言って照度を上げてくる。明るすぎでそんなの常に見てたら目がおかしくなるだろ。いや、すでにくるっとるのだ。拙者が光が眩しいのは暗闇でものを視るように体がなっているためであろう。

口の動きを読まれたくないため、口を動かさずにしゃべっている。隙あらばマスクや黒子の口のところのみのようなマスクで口を隠して安心している。



加えて、ニンジャカッコイイと思う。旅行先周辺に忍者屋敷などがあれば必ず行っているし、ニンジャとなのつく展覧会はできるだか行ったりしてニンジャスゴイ!!と思っている(詳しい歴史や人物名などは覚えないにわか)。あとニンジャ展でみた印を練習してひとつできるようになった。



以上のことから、私が前世ニンジャであったことは確実である。

証明以上




ps
制約が多くて生きづらい(爆笑)






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 大丈夫?キウイ食べる? - z... | トップ | メタトンとメローネの親和性... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む