超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波制御技術

2018-01-06 07:33:36 | 超音波システム研究所2011

「超音波制御技術」を開発

間接容器と定在波による音響流キャビテーションのコントロール

http://youtu.be/D6oEEteCTCQ

http://youtu.be/81bH412zpQ0

http://youtu.be/prVQMENIv0k

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、

超音波(定在波)の制御技術を応用して、

間接容器を利用した、新しい超音波制御技術を開発しました。

今回開発した技術は、   超音波の定在波を利用して、

間接容器の音響特性と組み合わせることで、

超音波機器の発振周波数とは異なる、

超音波伝搬周波数を利用可能にした技術です。

特に、容器の音響特性を考慮することで

音響流による効果をコントロール可能にしました。

具体例

40kHzの超音波振動子とガラス容器を使用して、

100-200kHzの超音波洗浄

40kHzの超音波振動子とステンレス容器を使用して、

600-1200kHzの超音波分散

・・・の実施例があります。

なお、超音波システム研究所の「超音波機器の評価技術」により、

具体的な効果を<数値化・グラフ化>することで確認しています。

■超音波制御技術

  http://youtu.be/pZohZe2-9dk

  http://youtu.be/AVTz2Mlk4cE

  http://youtu.be/TrTVDvIk2H0

  http://youtu.be/c0FMKEg96wg

http://youtu.be/D3HTfP5M_ls

http://youtu.be/sDT7ojU_cfI

http://youtu.be/_Z5A7dLiEJk

http://youtu.be/7nDJQq_RrLs

http://youtu.be/oUMz__acuqc

http://youtu.be/5jx4OjP1BvA

 写真資料   http://picasaweb.google.com/ussiJP

これは、新しい方法および技術です、

今回の実施結果から

超音波照射の対象物の範囲が

金属、樹脂、・・から、

植物、生物、・・・といった範囲にも可能であると考えています。

なお、今回の技術をコンサルティング事業として、 展開することを計画しています。

 

 2種類のステンレス容器の間には

 様々な超音波現象が発生します

測定解析に基づいた制御により、目的に合わせた利用を実現します

超音波システム<脱気・マイクロバブル発生液循環>

http://youtu.be/-mhc5kIgSg4

http://youtu.be/ZTqjiUKexHc

http://youtu.be/hZ7bV-Qla9I

http://youtu.be/4V8_gikJCQo

http://youtu.be/KtOhabn3sQc

http://youtu.be/askH8OXozbE

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表面弾性波の計測・制御技術 | トップ | 超音波システムの技術(超音... »