超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

川の流れの観察 No.130

2016-10-25 05:43:39 | 超音波システム研究所2011

川の流れの観察 No.130

・・・・・・・


絶えず移動するさざ波の塊を研究して、

 これを数学的に整理することはできないものだろうか。

 

・・・・・・・・

水面をすっかり記述するという手におえない複雑さに陥らずに、

 これらのはっきり目に見える事実を描き出すことができるだろうか。

 

波の問題は

 明らかに平均と統計の問題であり、

 この意味でそれは

 当時勉強していた、ルベーグ積分と密接に関連していた

・・・・


私は、自然そのものの中で

 自己の数学研究の言葉と問題を

 探さねばならないのだということを知るようになった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こうして、サイバネティクスの立場から見れば、

 世界は一種の有機体であり、
 そのある面を変化させるためには
 あらゆる面の同一性をすっかり破ってしまわなければならない

 というほどぴっちり結合されたものでもなければ、

 任意の一つのことが他のどんなこととも同じくらいやすやすと

 起こるというほどゆるく結ばれたものでもない。

 

・・・・・・

 

ノーバート・ウィナー著
 「サイバネティクスはいかにして生まれたか」 より

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波のダイナミック特性 | トップ | 「音色」を考慮した「超音波... »