超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波のダイナミックシステム

2017-09-20 21:08:11 | 超音波システム研究所2011

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>

超音波システム研究所は、
ダイナミックシステムの統計的解析と制御に基づいた、
(赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社)
オリジナルの音圧測定解析技術(超音波テスター)による、
超音波のダイナミック液循環制御技術を開発しました。

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御>

超音波水槽内の液循環を
システムとしてとらえ、解析と制御を行う

多くの超音波(水槽)利用の目的は、
水槽内の液体の音圧変化の予測
あるいは制御にあります。

しかし、多くの実施例で
理論と実際の違いによる問題が
多数指摘されています。

この様な事例に対して

1)障害を除去するものは
統計的データの解析方法の利用である
超音波伝搬状態の計測・解析技術

2)対象に関するデータの解析の結果に基づいて
対象の特性を確認する
洗浄対象物、攪拌対象物、治工具・・・の
音響特性を検出する技術

3)特性の確認により
制御の実現に進む
キャビテーションのコントロール技術

といった方法により
超音波を効率的な利用状態に改善し
目的とする超音波の利用を実現した
液循環効果の利用例が多数あります

物の動きを読む

http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

ポイント(ノウハウ)は
液循環制御による
超音波の変化を測定解析することです!

超音波の研究について

キャビテーションの効果を安定させるには統計的な見方が不可欠

赤池 弘次 (Hirotugu Akaike)

ダイナミックシステムの統計的解析と制御 :赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社

生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門:和田孝雄/著:講談社

AIC:赤池情報量規準 (Akaike Information Criterion 統計モデルの相対的評価)

考え方(全体を貫く基本的な概念):

多くの真実らしき断片を見据え、その奥にある統一的メカニズムを描像する。

<統計的な考え方について>

統計数理は以下のように考えられています

統計的な物の見方というのは、

1)我々がどのように自分が持っている知識や情報を

利用しようとするのかと言うことに関係する

(すなわち、主観的な発想に基づいている

2)具体的な経験・知識に基づいた心の枠組みで考える

(すなわち、具体的である

3)物事の量的な特性に対するいろいろな考え方が豊かになっていく展開

(すなわち、抽象的である

まとめ

統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、

具体的なものとの接触を通じて

  抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、

これが統計数理の特質である

http://youtu.be/bSlR4psXzlk

http://youtu.be/QyUOK3l-HBM

http://youtu.be/o6lZKT01uL8

http://youtu.be/wlPo6DTe_rU

http://youtu.be/DGVmu1F3CoM

http://youtu.be/QeAbGKbmd0Y

http://youtu.be/YptjKlguFCI

http://youtu.be/1C5KSeqIZkw

http://youtu.be/KEBHgvudF0k

http://youtu.be/LHogrQy5fnA

http://youtu.be/TIXbM17WBak

http://youtu.be/NOyGq5rVPwk

http://youtu.be/-7X2udiPiTI

http://youtu.be/KGZOxzugiUM

http://youtu.be/UOb3d36P89s


ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波プローブの<発振制御... | トップ | 川の流れを観察しています »