超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波を利用した「振動計測技術」

2017-06-09 20:48:15 | 超音波システム研究所2011

超音波を利用した「振動計測技術」を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、

超音波振動子を利用した全く新しい、オリジナル技術による、

<<振動計測(解析)技術>>を開発しました。

これまでに開発した振動計測技術に対して、

超音波の非線形性に関する「測定・解析・制御」技術を応用した、

超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術により、

測定データの解析から

低周波(0.001Hz)から 高周波(20MHz)の振動状態(注)

<測定・解析・評価>する技術を開発しました。

注:標準仕様 低周波(0.01Hz)から 高周波(10MHz)

特別仕様 低周波(0.001Hz)から 高周波(20MHz)

建物や道路の排水(配水)口、壁、手すり・・・の振動を計測した結果、

各種の振動・騒音に関する新しい原因推定が可能になりました。

これは、新しい方法および技術です、

今回の解析結果から  様々な応用事例(注)が発展しています。

注:

   1)建物や高速道路・・・の低周波振動の計測

   2)大型装置や設備・・・における振動現象の測定・解析

  3)製品・部品の低周波振動の原因究明

4)・・・・

 

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波振動子の設計・評価技術 | トップ | 超音波システム研究所 no.32 »