超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

夏目漱石

2016-10-08 13:52:32 | 超音波システム研究所2011

夏目漱石

 

夏目漱石


山路を登りながら、

かう考えた。

智に働けば角が立つ。

情に棹させば流される。

意地を通せば窮屈だ。

兎角に人の世は住みにくい。

住みにくさが高じると、

安い所へ引き越したくなる。

どこへ越しても住みにくいと悟った時、

詩が生まれて、畫(え)が出來る。

・・・・・・・・

  We look before and after
    And pine for what is not:
  Our sincerest laughter
    With some pain is fraught;
  Our sweetest songs are those that tell of saddest thought.

「 前をみては、後えを見ては、物欲しと、あこがるるかなわれ。

  腹からの、笑といえど、苦しみの、そこにあるべし。

  うつくしき、極みの歌に、悲しさの、極みの想、籠るとぞ知れ 」

 なるほどいくら詩人が幸福でも、

 あの雲雀のように思い切って、
 
 一心不乱に、前後を忘却して、

  わが喜びを歌う訳には行くまい。

 ・・・・・・


ピアニスト 
グレン・グールド
「二○世紀の小説の最高傑作」と評価した

夏目漱石 草枕 より

 

 

超音波システム研究所

ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

 

 

 

ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 揺動ユニット制御による「超... | トップ | 散歩(振動について) »