超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波と<マイクロバブル>

2017-03-20 19:58:58 | 超音波システム研究所2011

超音波と<マイクロバブル>

超音波と<マイクロバブル>による
  液循環制御技術を利用して、
  超音波の伝搬状態をコントロールしています。


超音波技術の説明(液循環)

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています

2)水槽の設置は
 1:専用部材を使用
 2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています

3)水槽内に2台の超音波振動子を設置しています

4)脱気・マイクロバブル発生装置を運転している状態です
 (溶存酸素濃度は5-6mg/l)

5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています

6)超音波振動子(仕様 28,300W)を使用しています


ガラス容器による
 超音波の反射・屈折・透過により
 液循環による淀み・・・の部分に対して
 均一な安定した超音波照射を実現させています

(水槽内全体に均一な音圧分布を実現しています
超音波、液循環ポンプの発振・運転制御がノウハウです)

液面に大きな波が発生する現象は
 水槽の強度不足が原因です
 超音波出力を下げること(出力の最適化)が
 効果的な超音波の利用状態になります

 

Ultrasonic System Laboratory 

超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

推奨する「超音波(発振機、振動子)」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

 

 

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波実験 Ultrasonic expe... | トップ | 超音波実験 Ultrasonic expe... »