超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術

2017-08-09 15:25:18 | 超音波システム研究所2011

複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術

複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術を開発しました。

今回開発した技術は
 減衰、干渉、・・・といった現象により
 音圧の低下や、周波数の低下・・になってしまう問題を、
 液循環と間接容器の利用により
 音響流でコントロールするという技術です。

 周波数28kHz、出力200Wの超音波照射で、
 不均一なステンレス表面を破壊(割る)することも
 改質することも可能です。

 超音波伝搬状態の測定・解析技術を行った結果、
 振動子の周波数の組み合わせが、
 高次の周波数を含め、実現することを確認しています。

 

***********************
超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
***********************

 

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波システム | トップ | 超音波実験 Ultrasonic expe... »