超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

<超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

2017-05-15 17:43:23 | 超音波システム研究所2011

超音波装置(洗浄機・・)の最適化技術を開発
(超音波の相互作用を解析・評価する技術を応用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
超音波の非線形性に関する「測定・解析」技術、
超音波のダイナミック特性を「コントロール」する技術、

上記の技術を応用・発展させ
超音波振動子・水槽・液循環(各 複数の場合を含む)に関する、
超音波の相互作用を<目的に合わせて最適化>する技術を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析・制御による、成功事例が増えることで
各種の関係性・応答特性(注)を検討する
様々なノウハウ(個別の具体的な方法)を開発しました。

20111122a

注:
パワー寄与率、インパルス応答、バイスペクトル・・・
超音波の測定・解析に関して
サンプリング時間・・・の設定は
オリジナルのシミュレーション技術を利用しています
なお、今回の技術を
 超音波洗浄機・・・の改善対応として
 出張コンサルティングします。

20111125a

音圧測定・解析により
水槽と超音波(発振機・振動子)の関係について
音響特性を把握することで
製造方法、製造メーカー、
 ・・・による影響を確認することができます
各種の超音波に関して、
  具体的な数値化による評価を行い
  各種製品に関する順位付けを行っています

超音波水槽に超音波振動子(振動板)を1台使用する場合には
<超音波>と<水槽>と<液循環>のバランスによる
最適な出力・制御方法・・・を提案します。

超音波水槽に複数の超音波振動子(振動板)を使用する場合には
各超音波出力の関係性を測定解析し、
最適化した出力・制御方法・・・を提案します。

従来は、一定の出力で使用する傾向が強いと思いますが
水槽の強度・構造・・・により
液循環や発振状態を適切に制御する(注)ことで
効果的な超音波の伝搬状態を実現させることができます
具体例として、出力の上昇が水槽の振動と騒音になる傾向があります
 振動子と水槽の側面からの反射・・・に関する相互作用は重要です

注:超音波や液循環の停止状態は、大変重要なパラメータです
水槽サイズ・構造と、
超音波の発振周波数・出力は
タイマーによるOFF時間の設定で
超音波の伝搬状態をコントロールすることができます


参考

 http://youtu.be/Xo6bXUJgiLU

 http://youtu.be/HyMs-hj9s6g

 http://youtu.be/oyg0bmej4p4

 http://youtu.be/lR57SMK6piM

20100331c

 http://youtu.be/axd-6c33VJo

 http://youtu.be/IWhq1M-DRYE

 http://youtu.be/Djs-3g_39pA

 http://youtu.be/YpJd8H5DFQM

 http://youtu.be/nE68P6e2S1o

 http://youtu.be/BbSsTtO2yfQ 

 http://youtu.be/ycnWJ8QrDS0

<<参考>>

 http://youtu.be/cQUkYf3k-lU

 http://youtu.be/zJrOy43bbgM

 http://youtu.be/HvCcNBK4dBQ

超音波の解析動画を公開

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1337

超音波<計測・解析>事例 No.2

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1705


ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ultrasonic Cavitation Contr... | トップ | オリジナル超音波システム »