超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波伝搬状態をコントロールする技術

2017-03-21 19:23:54 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
オリジナル製品:超音波テスター専用プローブに関する、
超音波<発振制御>技術を応用した、
高調波を含めた超音波伝搬状態をコントロールする技術を開発しました。




超音波を利用した
 洗浄、加工、表面処理、検査、・・・への新しい基礎技術です。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
 抽象代数学の超音波モデルにより
 基礎実験の確認から、効果的な超音波加工方法として開発しました。

様々な分野への応用・利用が可能になると考えています

各種コンサルティングにおいて提案・対応していきます。




参考

https://youtu.be/xpSVw2nLPJc

https://youtu.be/ecvtxmjUsqA

https://youtu.be/r-7yO9Tr28o

https://youtu.be/zZuh0nTY8Ww

https://youtu.be/SQ0u6ekSJgc

https://youtu.be/xQlxk-B1Jyo

https://youtu.be/9Jq-7oTMTUo

https://youtu.be/MOTraoS8EUU

https://youtu.be/QzMoKptn_YY

https://youtu.be/2pjwJJSPoSc

https://youtu.be/u_wMC-1eOco

https://youtu.be/SLm90oR0XHg

https://youtu.be/TZdJa-oAFwg

https://youtu.be/-ur6txNVxOQ

https://youtu.be/sVdYwEQuP9E

https://youtu.be/i_7z41F7XiA

https://youtu.be/USjLrQfZmEQ

https://youtu.be/914bkDZZw0g

https://youtu.be/mj9R9pbwhQM




超音波発振計測解析システム(超音波テスター)

特徴(標準的な仕様の場合)
 *測定(解析)周波数の範囲
 仕様 0.1Hz から 10MHz
 (測定可能範囲 0.01Hz から 25MHz)
 *超音波発振
 仕様 1Hz から 100kHz
 (出力 250mV から 2V)
 *表面の振動計測が可能
 *24時間の連続測定が可能
 *任意の2点を同時測定
 *測定結果をグラフで表示
 *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定システムです。
 超音波プローブを対象物に取り付けて発振・測定を行います。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響性能として検出します。




音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波技術(アイデア)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7031

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

 
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波水槽と液循環の最適化... | トップ | 超音波<照射>技術 no.10 »