超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

間接容器と定在波による「超音波制御技術」

2017-01-30 20:09:18 | 技術説明

間接容器と定在波による「超音波制御技術」

超音波(定在波)の制御技術を応用して、
 間接容器を利用した、新しい超音波制御技術を開発しました。


今回開発した技術は、
超音波の定在波を利用して、
 間接容器の音響特性と組み合わせることで、
 超音波機器の発振周波数とは異なる、
 幅広い超音波の伝搬周波数の特性を利用可能にした技術です。

 40kHzの超音波振動子を使用して、
 100-200kHzの超音波の効果が実現できます。

 なお、超音波システム研究所の「超音波機器の評価技術」により、
 具体的な効果を<数値化・グラフ化>することで確認しています。

<<注意>>

この動画にでは

 非常に沢山の技術ノウハウを紹介しているつもりです

 但し、ここで使用している

 水槽・振動子・液循環・・・が大変良好な状態ですので

 簡単に実現していますが

 不均一な状態で使用している装置の場合には

 このような簡単な制御は難しいと思います

 

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波プローブ(受信用・発... | トップ | 超音波を利用した霧化技術を開発 »