超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波のウェーブレット変換シュミレーション例

2017-06-16 17:17:10 | 超音波システム研究所2011

超音波の解析シミュレーションを紹介します
ものの表面を伝搬する弾性波に関しての

超音波実験に対するシミュレーションです

<応用例>
この結果をもとに、実験・解析を行います
  この検討・確認により
    実験で使用する
      サンプリング時間とデータ数を決定し
    別の統計シュミレーションにより
      採取データの量を決定します
 超音波システム研究所のコア技術の商品です

弾性波動の教科書とフリーソフトの組み合わせにより
無料で自由に開発・利用が可能です



添付の図(シミュレーション)は
  以下のような「解析手法の有効性」を確認するために行っているものです

 1)ベイズモデル(情報量基準)を用いた経時変化に対応できる統計手法
 2)超音波モデルに適応した
   「窓関数」・「ウェーブレット関数」を採用した連続データの解析手法
 3)高次スペクトル解析(高次の統計量を考慮した解析手法) 等

************************
問い合わせは超音波システム研究所にお願いします
************************

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波洗浄器に関する基礎資料 | トップ | 散歩 八王子  超音波シス... »