超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波専用水槽の設計・製造技術

2016-10-16 17:00:11 | 超音波システム研究所2011

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、

超音波の伝搬状態に関する計測・解析技術を応用して、

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発しました。

超音波制御しやすい液循環 http://youtu.be/6ID4IrZ1hnA

今回開発した技術により

20cmから300cmの超音波専用水槽に対して、

超音波洗浄や表面改質・・・に適した

超音波の利用効率、キャビテーション、加速度変化、

対象物への伝搬状態・・・を簡単に制御出来るようになりました。

従来の水槽(あるいは振動子)設計や製造においては

音響特性に対する考慮が十分でないために、

超音波振動による「共振・干渉・減衰」による

不均一で不安定な超音波利用になる傾向があります。

その結果、特に、

超音波の寿命・水槽のトラブル・・・が起きます。

超音波システム研究所の設計技術は、

現状の水槽・振動子・・に対しても

問題点を検出し

改善・改良を行うことができます。

適切な設計・改善(治工具の追加や液循環・・・)による効果は

効率的な超音波の伝搬現現象により、

ステンレスや樹脂・・・の表面が改質効果を生みます。

超音波制御により、出力は、最適化され

小さい出力で高い音圧や幅広い超音波周波数の伝搬を実現します。

 マイクロバブルの利用 http://youtu.be/7WfIYKN8guI

■参考

 http://youtu.be/6dr81lZE6es

   http://youtu.be/eiTIVZOJfLI

   http://youtu.be/zhTFItIAphM

 

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <<音響流>> | トップ | 超音波テスターによる「流水... »