超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波振動子(圧電素子)と発振回路を利用した実験 no.14

2017-04-29 19:38:10 | 超音波システム研究所2011

超音波振動子(圧電素子)と発振回路を利用した実験 no.14

超音波振動子(圧電素子)と発振回路を利用した実験 no.14


超音波振動子(圧電素子)と発振回路を利用しています


発振回路は
 大人の科学のふろくです
(オープンソースハードウェア JAPANINO)

発振プログラムによる
 伝搬状態が変化する様子を確認しています


ガラス容器に圧電素子を取り付けて

 発振させることで

 超音波領域を含めた

 振動・音が発生(伝播)します

 

超音波プローブを利用して伝搬状態を観察している様子です

 


複雑に変化する超音波の利用状態を、

音圧や周波数だけで評価しないで

「音色」を考慮するために、

時系列データの自己回帰モデルにより
解析して
評価・応用しています


このような基礎実験により

 目的に合わせた特殊超音波プローブを開発・製造対応しています

 


***********************

超音波システム研究所

ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

***********************

 

ジャンル:
学習
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩(設計思想) | トップ | 川の流れの観察・実験 No.3... »