超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

<超音波照射技術>no.29

2017-06-14 10:51:18 | 超音波システム技術

<超音波照射技術>no.29





水槽内に3種類の超音波振動子を設置しています

超音波によるキャビテーションを制御しています

水槽に振動子を張り付けて、
 超音波振動を測定(モニタリング)しています

水槽と液循環と超音波の複雑な関係(反射・屈折・透過・・)を
 適切に設定して
 高い音圧レベルと
  キャビテーションの安定した状態を実現させた様子が確認できます

ノウハウ:水槽内の液循環の調整により 
    超音波キャビテーションを制御くしています



3種類の異なる周波数の
「超音波振動子」を利用する技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
3種類(複数)の異なる周波数の
 「超音波振動子」を利用する技術を
  開発いたしました。

今回開発した技術は
 定在波の制御により、
 キャビテーションと加速度の効果を
 目的に合わせて変化させるという技術です。

 周波数28kHz、出力200Wの超音波照射で、
 1ミクロンの分散効果を実現させることも
 ダメージを発生させずに洗浄することも可能です。

 オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、
 振動子の組み合わせによる
 制御状態が実現することを確認しています。

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 複数の超音波振動子を制御す... | トップ | 超音波キャビテーションの測... »