超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

洗剤と超音波

2017-06-13 20:44:34 | 超音波システム研究所2011

洗剤を利用した場合の、適切な超音波使用方法

洗剤による超音波を効果的に利用する例を紹介します
 <<音圧や液体の均一性は非常に良い状態になります>>
注1:但し、安定させるためには工夫と実験確認が必要です
注2:洗剤の種類や添加物により異なります
注3:超音波が均一に広がる水槽でなければ、十分な広がりはありません
(適切な水槽と洗剤と超音波の組み合わせが必要です)

例 精密部品(金属・樹脂)への表面改質に利用する
  洗剤の化学反応を超音波により促進させる
  汚れの分解
  ガラスやレンズの洗浄と表面の均一化に利用する
   塗料や薬液の乳化・分散に利用する
   その他の新しい超音波(複数の超音波制御   
   ・・)の効果を利用する

< 上記に対して
   均一な超音波照射による効果を
        一度検討してください >

表面の状態が向上すれば、
 製品(部品)の基本性能が
   変わります(改良される)!

 超音波システムの視点から、
  安定した超音波の利用方法をご提案(お教え)します!

最近の中性洗剤を効率的に使用すると洗浄状態は大きく変わります!
(クエン酸入り洗剤はキャビテーションによる音圧を
 一時的ですが急激に均一で高くします)

 最近の実験では
 洗剤による
 対象物への
 伝搬する超音波周波数の影響が
 確認されています

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波のダイナミックシステ... | トップ | 超音波システム研究所 »