超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射する技術を応用・発展

2017-03-13 11:52:08 | 超音波システム研究所2011

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射する技術を応用・発展

複数の異なる周波数

「超音波振動子」を利用する技術を応用・発展させました。

今回開発した応用技術は
 定在波の制御により、キャビテーションと加速度の効果を
 具体的な伝搬周波数のペクトルとして変化させるという技術です。

 周波数28+72kHz、出力200Wの超音波照射で、
 1ミクロンの分散効果を実現させることも
 周波数28+40kHz、出力280Wの超音波照射で、
 ダメージを発生させずに洗浄することも可能です。

 オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、
 振動子の組み合わせによる制御状態が実現することを確認しています。

これは、新しい超音波技術であり、
 超音波のダイナミック特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
  コンサルティングにおいて利用・発展対応しています。


 原理の論理的な説明と
  具体的な方法(技術)について
  コンサルティング対応させていただきます。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非線形性超音波照射技術no.55 | トップ | 超音波実験 Ultrasonic expe... »