超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

新しい超音波の利用

2017-08-05 16:52:02 | 超音波システム研究所2011

超音波照射による
 化学反応促進実験を紹介します

超音波装置は、28kHz、40kHz、42kHz、72kHzを使用しています

伝搬周波数を変更するために
 水槽の改良と液循環の調整を行っています


添付の結果のように
 化学反応の促進が確認できます

注:確認は 洗剤や油の分解や、堆積物の発生・・・

*****************

実験の中から
 化学反応に対する
 超音波伝搬周波数の効果を検討し

 区別・分類として

「広域超音波」ということを考えました

従来の、一定範囲の周波数を中心とした場合とは異なり

高周波を一定レベル以上に
 広範囲で伝搬している状態は新しい超音波の効果だと考えます


この現象を
「広域超音波」による効果としました


注:「広域超音波」を有効にするためには
  水槽の改良レベルの高さが要求されます
 
  簡単な改良では
  従来の超音波の改良(音圧レベルの向上)になるので、
  「広域超音波」にはなりません

ジャンル:
独立開業起業
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波洗浄・リンスno.23 | トップ | 非線形性超音波照射技術 no.... »