超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波の伝搬解析

2017-04-23 14:34:29 | 超音波システム研究所2011

超音波の伝搬解析

超音波伝搬状態の測定データを解析する方法です

**時系列データの情報量基準を利用した統計処理により

効果的な解析を行うことが可能になります**

<解析手順>

( スペクトル解析 )

* データの解析用ファイル作成を実行する

* 解析用ファイルが作成される

* 解析用ファイルに対してARモデル解析(情報量基準を利用)を実行する

* ARモデル解析結果を結果ファイルに保存する

* 保存された結果ファイルを統計処理する

 (「パワースペクトル」結果の各ファイルデータを

     平均値、バラツキ、・・・計算して

     総合評価を行う )

* 以上を一括(バッチ処理)で行う

ステンレス、ガラス、・・に対して振動子を取り付けて

超音波の伝搬状態を測定します

液体や気体に対する超音波の伝搬以上に
 弾性波動は複雑ですが、
 対象とする製品や部品にどのような超音波が、
 どのように作用しているのかどうか
 ということを知ることは重要です

改善や改良・・・のポイントがすぐに見つかります

 

 

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表面弾性波の観察 Observati... | トップ | 超音波<照射>技術 no.97 »