超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波技術の説明(液循環)

2017-10-13 20:25:14 | 超音波システム研究所2011

*超音波技術の説明(液循環)

http://youtu.be/FBUKdudCsgA

http://youtu.be/SJWpSiTE2RM

http://youtu.be/mRdykoNCGeA


1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています

2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています

3)水槽内に2台の超音波振動子を設置しています

4)脱気・マイクロバブル発生装置を0.5時間運転した状態です
   (溶存酸素濃度は5-6mg/l)

5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています

6)超音波振動子(仕様 28,72kHz 300W)を使用しています

*超音波技術の説明(振動子の設置)

キャビテーションと定在波を
 液循環に合わせた
 超音波振動子の設置方法で
 コントロールできます

ポイントは、振動子の固定状態です
 振動する振動子を100%固定すると
 「振動が制限されます」
 自由に振動させると
 「低周波の振動現象が発生します」

超音波伝搬状態の測定解析による
 最適化がノウハウです


参考(超音波技術)
マイクロバブルを超音波照射でナノバブルにします
 超音波の伝搬状態が大きく変わります
 各種設定の組み合わせにより
 超音波の制御が簡単に行えるようになります
 
To nanobubbles by ultrasound microbubbles

超音波システム研究所
ホームページ
  http://ultrasonic-labo.com/

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水槽設計(7層のカスケード... | トップ | 統計処理(多変量自己回帰モ... »