超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

代数モデルを利用した超音波技術

2016-10-17 06:47:20 | 超音波システム研究所2011

代数モデルを利用した超音波技術

超音波システム研究所は、
 代数モデルによる、超音波の伝搬状態を利用した
 超音波応用(制御)技術を開発しました。


今回開発したモデルは、
 超音波による定在波の特徴を、抽象代数学の
 「導来関手」に適応させるという物です。

 これまでのモデルとは異なり、
 大変抽象的ですが
 超音波の伝搬状態を計測解析するなかで
 定在波に関する的確な対応・制御事例から
 発表し応用発展させることにしました。

 なお、超音波システム研究所の「定在波の制御技術」は、
 この方法による、具体的な技術として対応しています。

応用技術として
 今後、非定在波に関する研究開発を進めています。
 「超音波利用の最も大きな効果が、非定在波の状態にある」
  と考えています。

 参考資料

 http://youtu.be/lZ25IVWE1Q4

 http://youtu.be/vtE25iZtDTw

 http://youtu.be/9nVCrFFa8tg

 http://youtu.be/l8APR1Qpafs

 http://youtu.be/LXvjzR03TGA

 http://youtu.be/hWod0Ajk8MA

オブジェクト指向のシステム開発技術と
 音響(超音波)シミュレーション技術は
  超音波<測定・解析・制御>システムのコア技術です!!


超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753



ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 液循環による超音波の非線形... | トップ | 写真!! »