超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

「音色」を考慮した「超音波発振制御」

2017-10-28 06:57:34 | 超音波システム研究所2011

「音色」を考慮した「超音波発振制御技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、

複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術について、

音色」に関する評価・分析方法を応用した

「超音波発振制御」技術を開発。

今回開発した応用技術は

定在波の制御や、キャビテーション・加速度の効果を

具体的な伝搬周波数のバイスペクトル変化として制御する技術です。

超音波の効果について

伝搬状態のバイスペクトルに関する、時系列変化を

音色として評価・分析することで

洗浄効果・表面改質・化学反の制御・・・

のシステムとして利用可能にした技術です

従来の、音圧や伝搬周波数による評価とは異なり

音色(音の振動モード、変化、・・)を考慮することで

幅広い超音波の効果について

目的に合わせた新しい利用を可能にしました

この番組の「楽器による音色」の違いを、超音波で応用・制御・実用しています

特に、マイクロ・ナノ・のレベルの物質に対する

  超音波の影響は、音色による制御が有効です

周波数40kHzの超音波装置

洗浄液に対して、1MHzの伝搬状態を実現させることも、

周波数72kHzの超音波照射で

均一な金属の分散と、分散結果の対象物の表面改質を行うことも可能です。

オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、

音色」による超音波の効果(評価技術)と

   パワースペクトル、バイスペクトルの関係を確認しています。

 

 
ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩と読書(知恵) | トップ | <脱気・マイクロバブル発生... »