超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

代数モデルを利用した超音波技術

2016-10-16 17:01:08 | 超音波システム研究所2011

代数モデルを利用した超音波技術

超音波システム研究所は、
 代数モデルによる、超音波の伝搬状態を
 分類・整理した結果、
 超音波応用(制御)に関する
 新しい利用技術を開発しました。


今回開発した代数モデルは、
 超音波の伝搬状態に関する
 相互作用による各種の変化を、抽象代数学の
 圏論(「導来関手」・・)に適応させるという方法です。

これまでのモデルに対して
 相互作用の影響を需要資することで、
 超音波伝搬状態の計測解析結果を
 説明することが可能になりました。

音響流、定在波、キャビテーション・・
 各種の超音波による作用に対して
 的確な対処・制御事例が増えていることから
 発表し応用発展させることにしました。

なお、超音波システム研究所の「超音波加工技術」は、
 この方法による、具体的なコンサルティング技術として対応しています。

【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波テスターによる「流水... | トップ | <統計的な考え方>を利用し... »