超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波システム研究所

2017-07-11 19:52:41 | 超音波システム研究所2011

超音波技術(アイデア)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7031

IMG_2190

参考動画

https://youtu.be/8HPpoDHo2Sw

https://youtu.be/gjaR1FzrcrU

https://youtu.be/JHox3pYCX0Q

https://youtu.be/z2b1Uj3BSNw

https://youtu.be/5avHREZ312s

https://youtu.be/XqoqCOSqKCA

aaa1003

https://youtu.be/s-GsUqPE7-c

https://youtu.be/jfrvlcCrtdg

https://youtu.be/ZzbykzP98cI

https://youtu.be/AD-_b88jTrc

https://youtu.be/HntGZw6pc1s

20140728d

https://youtu.be/0bKu0l9zJ8k

https://youtu.be/-Ql9RCOIkRM

https://youtu.be/stQOMfmY590

https://youtu.be/sHqXexqqErU

IMG_1954

「流水式超音波システム」による超音波の効果は
通常の超音波装置とは以下の点で大きく異なります。

流水の(流速、流量、タイマー・・)制御により
キャビテーションと音響流を
幅広い範囲でコントロールできます。

その結果、
高い音圧レベルの高い周波数(高調波)の
超音波伝搬状態が実現します。
この状態は、
以下の対応を可能にします。
1)複雑な形状の精密洗浄
2)分散の難しい、大きな状態からのナノ粒子の製造
3)ガラス容器との組み合わせによる
化学反応のコントロール
4)短時間での表面改質(あるいは薄い材料の表面改質)
5)その他 ・・・

IMG_1277

さらに、
効率的な超音波照射を実現するとともに
ナノバブルの発生を促進します。
一定時間の超音波照射により
ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。

その結果、
流水の制御と合わせることで
非常に安定した超音波制御が実現します。
(ナノバブル・キャビテーション、音響流、伝搬状態・・・について
各種計器による、計測・解析により関係性を確認しています)

20151215d

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

 

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音響流の制御技術::超音波... | トップ | 超音波洗浄例(ステンレス部品) »