超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

音響流の制御技術

2016-10-18 14:07:37 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所は、
 小型のギアポンプによる
 脱気・マイクロバブル発生装置を利用した
 「音響流の制御技術を開発しました。


-今回開発したシステムの応用事例-
 音響流とキャビテーションの最適化による超音波洗浄
 音響流制御による超音波分散
 音響流による伝搬周波数の変化を利用した化学反応の制御
 音響流とマイクロバブルによる表面改質
 音響流を利用した金属加工への応用技術
 音響流によるメガヘルツのシャワー洗浄
 ・・・・・・・

 ガラス製の水槽を利用したソノケミカル反応実験
 ナノ粒子の製造実験
 霧化サイズのコントロールによるコーティング実験
 各種の攪拌実験
 ・・・・・・・

 ガラス部品の精密洗浄実験
 複雑な形状・線材・・の表面改質実験
 溶剤・・の化学反応実験
 ・・・・・・


■参考動画

小型ポンプによる「音響流の制御システム」

http://youtu.be/R6fMGivGI9k

http://youtu.be/AuvDj_ECHP0

http://youtu.be/bkK0yByw9jk

http://youtu.be/PHD5tVq74WI

http://youtu.be/2VLzk-IM8rs

http://youtu.be/5Fpir0ALXy4

http://youtu.be/xiCZjGi9xsc

http://youtu.be/tXw_qvkwlUk

http://youtu.be/zkPediNrZVw

http://youtu.be/6EFBcxsuRpU

http://youtu.be/FKU2mwP1f9M

http://youtu.be/ZHKGro94Emk

http://youtu.be/ZQPGonGvK5k

http://youtu.be/iJ5pqr5Pv5A

http://youtu.be/fZihdWlpmGU

http://youtu.be/EMaxrkuVUSU

http://youtu.be/yM5MBjUFrKQ

http://youtu.be/k7hF4uAI_ig

http://youtu.be/NBIp1p8fKiY

http://youtu.be/kDZEXIZosFw

http://youtu.be/w_E33M3Y5Pw

http://youtu.be/EDXgql2K8OM

http://youtu.be/kRA3Y--PiDU

http://youtu.be/9P9iFnvypsQ

http://youtu.be/NnNTj0t4j-4

http://youtu.be/x8X_QLX3xcw

http://youtu.be/yC5YJZBvP5k

http://youtu.be/NwF9lzxVkm4

http://youtu.be/eM20H3EOU20

http://youtu.be/3y3vnMU_lsw

http://youtu.be/oXZ_O5qYrPE



液循環による超音波制御技術

http://youtu.be/ME8FddTaFoo

http://youtu.be/Pd7ha6AfoB4

http://youtu.be/Q8xirGfBuZQ

http://youtu.be/0SIFKkOjrxY

http://youtu.be/4hErS2SIOOM

http://youtu.be/UGhhhmORCHg

http://youtu.be/rRI_nlnts7U

http://youtu.be/Dyl4jYMzJeQ

http://youtu.be/bYG8g5F1TPQ

http://youtu.be/cP_1nyUEEjM

http://youtu.be/uK3vAraJvmM

http://youtu.be/Sm_50Rs5ouY

http://youtu.be/A2Q4T6Jy1Uk

http://youtu.be/y2A6AK3oJb4

http://youtu.be/_BxEdP1r5gE



 「脱気・マイクロバブル発生装置」は
  中性洗剤、アルコールに対しても利用可能です。
  現在利用している超音波洗浄液・・・に対しても
  確認テストにより、利用することができます。

 但し、各種の液体に対して、音響伝搬特性の測定解析を行い
  適切な治工具や容器との組み合わせ・・・が必要になります。


 「脱気・マイクロバブル発生装置」による効果は
  効率的な超音波照射を実現するとともに
  ナノバブルの発生につながります。
  さらに、一定時間の超音波照射により
  ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。
  その結果、
  非常に安定した超音波の非線形制御を行うことができます。
  (マイクロバブル・伝搬状態・・・の計測・解析により確認しています)


 様々な応用事例が発展しています。

 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により1MHzの伝搬状態を実現させることも可能です

 あるいは
 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により10kHz以下の振動モードを利用した
 高い音圧レベル(100-1000倍)の実現も可能です

コンサルティング対応しています。

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

 

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波水槽<液循環のノウハ... | トップ | 超音波実験 Ultrasonic expe... »