超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波振動子の設置方法

2017-07-01 06:29:25 | 超音波システム研究所2011

超音波振動子の設置方法

超音波振動子の設置方法による
 超音波(定在波)の制御例です。

超音波専用水槽とマイクロバブルを利用して
 超音波の伝搬状態に関する最適化を行っています。

ノウハウ<超音波振動子の設置>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1538

推奨する「超音波(発振機、振動子)」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

振動する機器に関して

 固定状態は大変重要です

 適切に設定しないと、振動を減衰させるだけでなく

 低周波・・のモード変換を起こし

 大きなトラブル、あるいは非効率な利用状態になります

超音波振動子の設置は

 定在波とキャビテーションに関する

 パラメーターになります

目的の利用に合わせて

 設定することが重要です

そのためには

 各種(水槽、振動子、液循環、治工具)の

 音響特性を把握(測定・解析)することが必要です

超音波システム研究所

ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

 

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波洗浄器( 液循環ノウ... | トップ | システムの振動について N... »