超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波の「相互作用」を利用した制御技術no.2

2017-05-19 06:29:11 | 超音波システム技術

超音波の「相互作用」を利用した制御技術no.2



超音波の「相互作用」を利用した制御技術no.2


*複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
 *代数モデルを利用した「定在波の制御」技術
 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術

 上記の技術を組み合わせることで
  超音波の相互作用を利用した制御技術を開発しました。

さらに、「相互作用」を応用発展させ、
 100kHz以下の超音波振動子による
 300-800kHzの高周波伝搬状態を実現させる
  超音波制御技術を開発しました。

なお、今回の技術を
 2種類の超音波振動子の同時照射に適応すると
 金属部品に対しては
 大変簡単に伝搬周波数の制御範囲を
 数メガヘルツにまで広げることが可能です。

ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱気・マイクロバブル発生装置 | トップ | 超音波のシステム技術no.8 »