超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

独創(岡 潔)

2017-06-13 13:57:43 | 超音波システム研究所2011

独創(岡 潔)

 

数学は語学に似たものだと思っている人がある。寺田寅彦先生も数学は語学だといっているが、そんなものなら数学ではない。おそらくだれも寺田先生に数学を教えなかったのではないか。語学と一致している面だけなら数学など必要ではない。それから先が問題なのだ。人間性の本質に根ざしておればこそ、六千年も滅びないできたのだと知ってほしい。
また、数学と物理は似ていると思っている人があるが、とんでもない話だ。職業にたとえれば、数学に最も近いのは百姓だといえる。種子をまいて育てるのが仕事で、そのオリジナリティーは「ないもの」から「あるもの」を作ることにある。数学者は種子を選べば、あとは大きくなるのを見ているだけのことで、大きくなる力はむしろ種子の方にある。これにくらべて理論物理学者むしろ指物師に似ている。人の作った材料を組み立てるのが仕事で、そのオリジナリティーは加工にある。理論物理学者は、ド・ブロイ、アインシュタインが相ついで、ノーベル賞をもらった一九二〇年代から急速にはなばなしくなり、わずか三十年足らずで一九四五年には原爆を完成して広島に落とした。こんな手荒な仕事は指物師だからできたことで、とても百姓にできることではない。いったい三十年足らずで何がわかるだろうか。わけもわからず原爆を作って落としたに違いないので、落とした者でさえ何をやったかその意味がわかってはいまい。

独創するために心境を用意することがどんなに手間のかかることか。(岡 潔)

 

古人の評価法「岡 潔」

 

古人の評価法

 

「価値判断」が古人と明治以後の私たちとで百八十度違うのである。

 

一、二例をあげると、古人のものは、

 

「四季それぞれよい」「時雨のよさがよくわかる」である。

 

これに対応する私たちのものは、

「夏は愉快だが冬は陰惨である」「青い空は美しい」である。

特性を一、二あげると、私たちの評価法は、

他を悪いとしなければ一つをよいとできない。

刺激をだんだん強くしてゆかなければ、同じ印象を受けない。

 

こんなふうである。

 

これに対し古人の価値判断は、それぞれみなよい

 

種類が多ければ多いほど、どれもみなますますよい

 

聞けば聞くほど、だんだん時雨のよさがよくわかってきて、深さに限りがない。

 

こういったふうである。

 

芭蕉一門はこの古人の評価法に全生涯をかけていたのであった。
この古人の評価法の対象となり得るものが情緒なのである。

コメント
 ものづくりの本質に、

 

それぞれのパーツや構造などに対する「それぞれみんなよい」

と言う意識があって、選択し判断するような設計が

 

古い機械(博物館の加工機械、ゼロ戦、戦艦大和 等)に有ったとおもいます

特徴を捉え利用するためには、

単純な判断は大きな間違いだと経験としても感じています

超音波を適正に利用するために、

それぞれの条件による特性を上手に利用したいとおもいます

追記
 金子みすずと言う詩人にはこの「古人の評価法」があり、
 すばらしい感動の言葉の要因になっているとおもいます

 

「晴れてよし、曇りてもよし富士の山 もとの姿はかわらざりけり」山岡鉄舟

 晴れ良し、雨もまたよし 

 

 ・・・

 

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波の非線形性現象 | トップ | 超音波振動子の設計 »