超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波水槽と液循環の最適化システム

2017-10-08 15:55:25 | 超音波システム研究所2011
超音波水槽と液循環の最適化システムを開発

超音波システム研究所は、
 超音波水槽内の液体に伝搬する
 超音波の状態を測定・解析する技術を応用して、
 水槽の構造・強度・製造条件・・・による影響と
 液循環の状態を
 目的に合わせた超音波の伝搬状態に
 設定・制御する技術を開発しました。



この技術は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性(注1)を
 各種の関係性について解析・評価することで、
 循環ポンプの設定方法(注2)により、
 キャビテーションと加速度の効果を
 目的に合わせて設定する技術です。

注1:超音波システム研究所のオリジナル技術
   「音色」を考慮した「超音波発振制御」技術を利用しています

 参考 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

注2:水槽と循環液と空気の
  境界の関係性に関する設定がノウハウです。
  オーバーフロー構造になっていない水槽でも対応可能です。




具体的な対応として
 現状の水槽による、超音波の伝搬状態を
 目的とするキャビテーション・加速度の効果を最適にする
 パワースペクトルとして設定・制御することができます。
 
 超音波テスターを利用した計測・解析により
 各種の関係性・応答特性(注3)を検討することで
 超音波の各種相互作用の検出により実現しました。




注3:パワー寄与率、インパルス応答・・・

 参考 http://ultrasonic-labo.com/?p=1142

 超音波の測定・解析に関して
 サンプリング時間・・・の設定は
 オリジナルのシミュレーション技術を利用しています





なお、今回の技術を
 超音波システムの液循環方法の改良技術として
 コンサルティング対応します。


超音波水槽の構造・大きさと
 超音波(周波数、出力、台数・・)に合わせた
 <超音波>と<水槽>と<液循環>のバランスによる
 超音波の最適な出力状態を測定・解析データとともに
 提案・改良・報告します。


本来は、水槽の新規製作、新規設置、新規超音波の固定、・・・
 が最もよいのですが、
 現実的には、現状の改良として
 液循環ポンプの追加改良で実現させることが
 これまでの事例から
 費用と効果の最適化になると判断して
 提案しています。

必要性と要望により
 新規設計・開発にも対応します。




参考

 http://youtu.be/cqgtMpRWTcc

 http://youtu.be/e_RU283fTVw

 http://youtu.be/py43Ib79LlU

 http://youtu.be/dDf0j1mexXY

 http://youtu.be/mUgKTI5bFMY

 http://youtu.be/Dr4_Bau0AMA




 http://youtu.be/YWyOTEXQJes

 http://youtu.be/a-MMc7jq1Iw

 http://youtu.be/oVWg86_GH_8

 http://youtu.be/LFVlpfA2HBw

 http://youtu.be/Hf4pxBoqYNw 

 http://youtu.be/Axt4E4NhsBM




 http://youtu.be/ClGNewMkad8

 http://youtu.be/XujhCpEQIy4

 http://youtu.be/TGL7bVLrf-4

 物の動きを読む数理(音圧・液温・Do濃度)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の伝搬状態 超音波伝搬状態の最適化技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1179







 
ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩と読書 ultrasonic-labo... | トップ | 超音波洗浄器( 42kHz ... »