超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

オリジナル超音波システムの開発技術

2017-04-21 10:13:31 | 超音波システム研究所2011

オリジナル超音波システムの開発技術

オリジナル超音波システムの開発技術
 
超音波システム研究所は、
 超音波振動子(圧電素子)と
 発振回路(JAPANINO 等)を利用した、
 「超音波発振制御」技術による、
 超音波システムを製作・開発する装置を製作しました。
 
新しい超音波の応用方法です。
 部品構成に合わせた、超音波発振制御を行います。
 送受信の測定データに基づいて、弾性波動を考慮した解析で、
 目的に合わせた
 超音波の伝搬状態を実現します。
  
変動する振動状態(モード)を利用する
 ダイナミックシステムとしての
 装置開発・洗浄制御・・・・も可能です。
 
ポイントとしては、
 複雑に変化する超音波の利用状態を、
 音圧や周波数だけで評価しないで
 「音色(超音波のダイナミック特性)」を考慮するために、
 時系列データの自己回帰モデルにより解析して
 評価・応用することです。
 
目的に応じた利用方法が可能です
 例1:ナノレベルの粉末の分散
 例2:マイクロレベルの液量に対する化学反応
 例3:接触部分への超音波伝搬
 例4:金属加工状態への超音波伝播
 ・・・・・・・・・

超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

測定事例

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1685
 
標準タイプ
  http://ultrasonic-labo.com/?p=1722
 
特別タイプ
  http://ultrasonic-labo.com/?p=1736
 
超音波<測定・解析>システム
  http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

 

ジャンル:
学校
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超音波実験no.315 | トップ | 2種類(28kHz、72kH... »