超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

小型超音波振動子( 40kHz  50W )

2016-10-29 16:44:39 | 超音波システム研究所2011

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術を開発

超音波システム研究所は、

小型超音波振動子( 40kHz  50W )を使用した

超音波<実験・研究・開発>に適した 超音波「超音波伝播制御」技術を開発しました。

この技術は、

これまでに開発した

液体・気体・固体(弾性体)に関する

超音波の相互作用を研究した

以下の技術の組み合わせにより実現しました

 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術

  *間接容器の利用に関する「弾性波動」の応用技術

  *振動子の固定方法による「定在波の制御」技術

 *「超音波の非線形現象」を利用する技術

  *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術

 *液循環に関する「ダイナミックシステム」の統計処理技術

 *対象物の接合状態に合わせた、超音波溶着技術

  *空中超音波の伝搬状態を評価する技術

 *通信の数学的理論を応用した超音波制御技術

  *「もの」の表面を伝搬する超音波の応用技術

上記の技術を

超音波のMonoid(モノイドの圏)モデル(注) として整理・発展させています。

<注>: 基本的な超音波発振による現象全体をRing(環の圏)として、

キャビテーション・・による(発振周波数を主体とした)現象を「アーベル群の圏」

加速度・・による(周波数の変化を主体とした)現象を

Monoid(0元をもつ乗法の一元体)」とするモデルを開発しました。

水中以外への対応のため 表面弾性波を含めた、

振動現象全体にモデルを拡張しています。

-今回開発したシステムの応用事例-   

ガラス製の水槽を利用した化学反応実験に適した治工具の開発

  調理用機器を利用した表面改質専用用具の開発

 「揺動ユニット」と組み合わせて利用するための専用部品の開発

  各種の超音波攪拌専用用具の開発  ・・・・・・・

小型超音波振動子は 各種の実験容器に直接入れることが可能になります。

現在利用している超音波装置に対しても 場合によっては追加投入することができます。

これらの組み合わせによる効果は 伝搬状態の計測・解析により確認しています。

様々な応用事例が発展しています。

コンサルティング(超音波システム研究所)として、  対応しています。

これまでの開発技術に比べて、 大変広い範囲の応用・利用が可能です。

(医療、生物・・・への利用に関しても

超音波利用の新しい効果的な利用方法になると考えます)

特に、超音波利用に関する治工具は

液体・気体・個体に対する関係性を十分に考慮する必要があります

適切な、治工具の開発・利用は 超音波の目的に合わせた効果を実現します。

超音波システム装置は

  有限会社 共伸テクニカル様との技術提携により実現しています

http://www.kyo-tec.com/index.html

揺動ユニット制御による  

  超音波(キャビテーション・加速度・音響流)システムは

  株式会社 ワザワ様との技術提携により実現しています

http://www.wazawa.co.jp/

参考 1)超音波洗浄器(基礎実験・確認)

超音波洗浄器の利用技術

http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2

http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波洗浄器(42kHz)による<メガヘルツの超音波洗浄>技術を開発

http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

2)超音波利用(応用技術・ノウハウ)

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術

http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

推奨する「超音波(発振機、振動子)」

http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発

http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

 
ジャンル:
科学
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリジナル超音波実験 (超... | トップ | 音圧測定装置:超音波テスタ... »