「黄泉共和国」ヴぃヴぁおっさんw

ベースと将棋とスキーと

あんた、選挙に行くのかね?

2017年10月10日 | 垂簾の政

しかし、選挙ってなんだろ?日本の国の選挙ってAKB48のファン選挙の趣旨とそう変わらんと思えてしょうがない。

『皆さんの清き一票をぜひぜひ、このわたくしに!!』って、汗かきかき必死になって、

当選した後にはまず見せないような笑顔と本気。そして当選した後にはまずやらない一般庶民とのふれあい(握手)

我々庶民をだまそうとは思ってないですよね?議員になった後での失言や暴言、豪快なお金の使いっぷり。

業界との癒着や天下り。所属党を存続させるための敵党批判。相手けなしをしないだけ、AKBの方がましだ。

建設大臣時代に恐ろしい汚職と背信行為をした中村喜四郎は、かつて出直し選挙の際にクリーンさを売り込むために、自転車で遊説した。こういった人たちは(豊田議員もね;)国民の代表になって、何をしたいというのでしょうか

議員が淘汰される時代になってほしいと願う

そのためには、大多数の小市民たちがもっと「利口」にならなればいけない。おれは『政党』なんていらない思う。当選すればいいと考えて、マジョリティーの自民党の公認を受けたいと願う立候補者も非常に多く居る。要するに

国民の利益を最優先にしたい人だけ議員になってほしい

だから党なんて関係ない。1位:自分の議員生命、2位:党の発展、3位:一般人の生活・・・これを逆転させたい。

小池新党は確かに未知数であるが、弱い市民の立場に立っている珍しい政党だ。これを痛烈に批判している議員=党が5年後、10年後、政治的な立場を利用して業者に「口利き」な~んてしてたらお笑いだね。そんなのに投票した低能な有権者も同罪だ。

国民年金支給をまた遅らせようともくろんでいる。70歳だってさ。相当数の国民が支給前に死ぬから、その分浮くという計算。自分は共済年金を1千万以上払い込んでいる。国民年金の滞納は勿論無い。何歳まで生きられるのだろうか。厚生省も薄生省になってきている。自分の世代はまだましだが、今の20代の若者の将来に思いを馳せると、ぞっとする。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« youtuber「hikaru」さんのval... | トップ | ネタ切れじゃいッ!!!! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。