南丹の身近な自然

京都の近郊 南丹波の 花や虫やキノコの季節便り

9月11日 花たち ミヤマウズラも

2016-10-18 23:38:50 | 野の花と実
ヤマジノホトトギスで気分良くしていたら 今度はこれを見つけちゃいました


 ミヤマウズラ 初めて遇ったのはもう何年も前 その花の面白さに 大喜び


その印象は 今も おんなじです  西洋のお化け(怖くないバージョン)

















どこにでもありそうだけど あまりあちこちで見ない花


アカバナといえば アカバナユウゲショウのほうが 最近は多く見るようですが





候補はあったけれど どうやら間違いのようなので 黄色い小さい花  花の名前 チョウジタデ  でした


 “ いいよぉ~ ” なんかあの優しい声 ええよ~

最後の黄色い小さな花の名前 チョウジタデ  と判明しました  ブリさん ありがとさんでした  またよろしくお願いいたします いつものことですって はい! 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月11日 虫たち オナガ... | トップ | 9月11日 キノコたち »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブリ)
2016-10-20 00:10:56
usio55さん、こんばんは。
いいなぁ
ミヤマウズラなんて、
ランのお仲間ですよね。
見たことないですよ。
この透明感、すごいです。
調べたら、
この子、葉もかわっているんですね。
葉も見たことがないような気がします。

最後の黄色いお花は
チョウジタデじゃないかなぁ
田んぼでときどき見かけますが、
そんなところで咲いていましたか。
チョウジタデなら、
寒くなると赤くなってきれいです。
ブリさんへ  ありがとさんです (usio55)
2016-10-20 10:00:39
チョウジタデ いただきます ありがとうございます。
だんだんと調べる気力が なくなってます
眠気ばかりが 大きくなって 座るとだめですねぇ

ミヤマウズラ 花の表情が面白いですね 
愛好家も多いとかで 見つかると採られちゃうのかもですね
時々 思わぬところで ポツンと 咲いてます
縦に長いので 花を写すと なかなか葉っぱまで届きません
離れて写したら 何や判らんようになるし
葉っぱだけだと 首切りみたいだし
花期以外だと 目立たないから 見つけられへんし 
困った困った こまどり姉妹 でんな
譲二の心配してたら 竜たんが死んだし オージョージショック!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL