南丹の身近な自然

京都の近郊 南丹波の 花や虫やキノコの季節便り

5月8日 ハンミョウも

2017-06-10 22:04:20 | いろいろ
帰り道 振り返った深山宮 右側の一段高い所の大きな石が 御神体か


雨量観測所との並びは こんな具合い 


こちらは 東側 どちらかが たぶん半国山だと思います 昭和初期には ここまで遠足に来ていたとか 大阪湾?が見えたとか


深山の頂上近く これは 馬の蹄鉄の跡? 他にもあちこちに 同じ跡が  どこからか来てるんやなぁ


草の少ない 土の道 いましたね ハンミョウ 


間違った道を教えてくれましたので 直ぐに付いていくのは止めまして 元の道へ  


しばらく行くと 今度は 地味なタイプの ハンミョウの仲間


じっくりと撮る気力 薄れています


通り過ぎた木の枝で 精一杯に声を張り上げています ホオジロ  声を録ろうと思ったけど 風が 風の音が邪魔を





ガサゴソガサゴソ 枯草から出てきたのは ニホンカナヘビ


その目はどこを見ているんだ? 私ではないような気もするけど 


6月10日 明日は恒例の地区内の溝掃除の日 京都御苑のきのこ観察会とダブったので 今月は京都御苑は不参加です まぁまだ雨も少ないから
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月8日 深山から   | トップ | 5月8日 ヒメハギも  キ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
usioさん。不気味なくらい平穏です。 (湖人)
2017-06-12 13:07:47
石運ぶの大変だったろうなぁ。
まさか削って掘り出した!!

馬?
まさか平家の落武者!!

・・・とばして


カナヘビさん
まさかかっこよく見せるためのポージング!!

ちょっと
刺激を求めたくなる
昼下がりの新幹線でありました。
湖人さんへ (usio55)
2017-06-13 01:02:47
あまり詳しいことは分かりませんね
いつ頃出来たんやろ?

蹄鉄の跡がけっこうありまして
雨量観測所もあるので 車でも来られるようです

落武者はもっと遠く? 丹波は京都に近いから

カナヘビは モデル料無しと知って 怒ってます

昨日の溝掃除で 少しの刺激が体に響く昼下がりですが 

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL