南丹の身近な自然

京都の近郊 南丹波の 花や虫やキノコの季節便り

3月12日 タマゴケ から ネコヤナギも

2017-04-06 01:51:10 | 野の花と実
山際に ふっくらとした 苔が見えました  ひょっとして タマゴケの苔?


近寄ってみると 目玉の親父がたくさんたくさん


この季節なんやなぁ 


早春の山の定番 アセビ スズラン型の 花が可愛くて よくモデルになってもらったのに


最近は 慣れ過ぎてしまって ちょっと関心が薄れているわなぁ




いつもなら 元、来た道を引き返して次に向かうのですが そのまま進んで山を下りようと


道のないところを進むのは やっぱり大変でした 枯草の斜面をズルズル滑り落ちるし 2m強とはいえ崖を無理やり下りることになるし


ここまで来たら ネコヤナギもと  あれからどうなっているのか確認に行きました


逆光を受け みんなが輝いていました


 “ みなさ~ん! ネコヤナギが咲いてますよ~ ” 


 “ ネコヤナギ? 何やそれ? 食べられるか?”


 “ お金になりますか? ”


 “ 有名事典にのってるか~?? ” そんな掛け合いも懐かし絶滅危惧種(2050年4月1日談)なんてフィクションですが


ちなみに ネコヤナギの花言葉:自由 、 開放的 、 率直 、 思いのまま  だそうです


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月12日 何鴨? ベニヤ... | トップ | 3月12日 ネコヤナギ 2 »

コメントを投稿

野の花と実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL