南丹の身近な自然

京都の近郊 南丹波の 花や虫やキノコの季節便り

4月13日 九品寺も

2017-05-18 23:12:35 | いろいろ
小学校から 西側 横田、黒田方面を望む  ちょっと建物の雰囲気 園部と違うような感じ


コンクリート壁に 自然にできた模様が面白くて  これが洞窟ならば 新たな象形文字発見か!なんてなりそうな


シロツメクサ  近くに母親に連れられた女の子 探すは四つ葉のクローバーか  ちなみに私は見つけたことがありません


斜面に生えていた スミレ しゃがまずに楽に撮れました








場所は移って 桜で寄った九品寺 桜より先に気が付いた 芝生の上の大きなキノコ もう縁は胞子で黒ずんでいます


桜の方は 期待していたほどではなかったけど 昔から 遊びまわった 九品寺周辺です


きれいに塗り替えられたのは もう何十年前のことだろう  ネットで見ると 1962年に修理の報告書が出ているらしい


 におうかぁ! 阿


 うん!


5月18日 今日、田植え前の水田で アマサギを見ました 何十年ぶり? コンデジやったから まぁわかる程度には なんとか 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月13日 小学校周りの花... | トップ | 4月20日 花たち »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブリ)
2017-05-19 13:03:00
usio55さん、こんにちは。
子供たちが遊ぶのに楽しそうな場所ですね。
足が鍛えられそうです。
今のusio55さんがあちこち歩かれるのも
わかるような気がします。
近くにこんなに立派な山門があるのですか。
寺院をかかえる大きな村があったのですね。

アマサギがいたのですか。
ふわふわっと優雅な雰囲気の鳥さんですよね。
私も田んぼでセキレイだと思って
遠くの鳥さんを写したのですが、
どうも違うみたいで・・
違うかどうかも怪しい画像なので、
もう一度撮れることを祈るしかないですが・・
ブリさんへ (usio55)
2017-05-20 00:34:17
ここのお寺は 鎌倉時代は七堂伽藍の立派なものだったらしいです
その後度重なる兵火などにより衰退 近くは 戦後も
いろいろトラブルがあり 仁王門だけが立派なお寺に
なってしまいました

アマサギは 昔は時々見たこともあったのですが
コンデジの時に限って 遇うから つらいなぁ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL