南丹の身近な自然

京都の近郊 南丹波の 花や虫やキノコの季節便り

ヒメツチハンミョウ他 11月22日 虫

2009-01-21 12:42:48 | 
赤とんぼも 細々と 生きながらえています


ひたすら 秋の陽を 浴びています


遅くまで見るトンボといえば この(オオ)アオイトトンボ




こちらは フキバッタ バックの派手な白黒縞は 私のスニーカーです


11月22日のメイン ヒメツチハンミョウ 夏は虫さんが忙しそうに慌てていたので ゆっくり撮れなかったけれど
 

今日はもう豊能まで走らなくてもよさそうで ゆっくりと撮らしてくれました 何色と言ったらいいのかな


もし野原でこの虫に出会っても 不用意に触らないでください 毒虫ということになってますよ


最後はちょっと可愛く ベニシジミ もうそろそろ見納めの個体かな
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月22日 花たち Ⅲ | トップ | 11月22日 花と実 Ⅳ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
usio55さん、おはよう! (あすかちち)
2009-01-22 08:56:53
ヒメツチハンミョウくん
いい色艶ですねぇ。
もしかして自慢しに豊能から来たかもしれませんよー。
まさか歩いて・・・。
散歩してたらここまで来たとか。
あすかちちさんへ (usio55)
2009-01-22 12:58:40
好いでしょう
惚れ惚れするようなひかりかたです

これから滋賀県へ向かうの?と聞いたのですが
すっかり疲れていたようで 返事もしないで
こそこそと 葉裏に隠れてしまいました

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

ヒメツチハンミョウ (えふ流パパサウルス)
ヒメツチハンミョウ(Meloe coarctatus)コウチュウ目ツチハンミョウ