スパイスマジック カルカッタ南口店(西葛西)

こんばんは。

昨日、一昨日とヨメさまのご実家に帰省してきました。
本当はお盆時期に帰省するつもりが、ヨメさまが激しく捻挫したのでお流れとなりまして、今回の連休での帰省になりました。

さて、千葉方面に行くついでにカレー屋さん訪問をしてきました。
過去には市川のサプナ南砂町のデリーダルバールなどに訪問しました。
今回はvaderさんが訪問していた西葛西の「清」に行こうと思いました。
しかしはぴいさんにメールしたら「西葛西ならカルカッタにしなよ」と返事をいただきました。
それならばと、行き先を変更しました。

初めて降りる西葛西は思ったよりも広い街でした。
南口を出て正面の大きな通りを左折して、そのまま150mほど進むと目的地が見えてきました。

カルカッタ1 カルカッタ2

スパイスマジック カルカッタです。
店内はテーブル席で20席ほど。
お店の外にも4席ほどのテーブル席がありました。
ランチタイム終了間際14時に訪問(14時半ラストオーダー)ですが、店内はほぼ満席。
インドの方も多数いらっしゃってまして、人気の高さを伺わせます。
日本人の方が接客していましたが、非常に忙しくてテンパってました。

さて、土日祝日はランチメニューが変更になるようです。
差し出されたメニューは日本語で書かれたランチメニュー表で、以下のメニューでした。

ホリデイスペシャルランチA:1100円
お好きなカレー1品、シークカバブまたはサモサ、パパド、サラダ、ナンまたはライス、お好きなソフトドリンク1品

ホリデイスペシャルランチB:1250円
お好きなカレー1品、シークカバブ&チキンティッカ、またはサモサ&パコラ、パパド、サラダ、ナンまたはライス、お好きなソフトドリンク1品

※カレーはチキンカリー、海老となすのカリー、マトンコルマ、オクラマサラ、ほうれん草とじゃがいも(又はパニール)、豆カリーから選択
※ドリンクはホットコーヒー、アイスコーヒー、チャイ、アイスティー、ラッシーから選択


注文を取りに来た店員さんがまずサラダを持って来ました。
どのセットにもサラダが付くからでしょうか。
ゴマドレッシングが効いたサラダでした。

ヨメさまは辛いカレーがいただけませんので、店員さんに辛くないカレーを確認しました。
どれもほとんど変わらない辛さだと言うので、オクラマサラカリーをマイルドにしてもらえるように頼みました。
そして私は…ってメニューこれだけじゃないですよね?
ドーサのメニューとかはないんですか?と聞くと、もう1枚のメニューを持って来ました。
出来れば最初に持って来て欲しかったですm(_ _;)m

確かにインドなどの外国の方はドーサを注文して、日本人はナンのメニューばかり注文してましたけど、こういう部分の説明不足はちょっと不満が残りました。
ナンのランチセットは日本語表記、ドーサのランチセットメニューは英語主体の表記です。
日本人は最初からドーサを注文しないだろうから、と思ってるとしたらぜひとも認識を改めて欲しいです。

さて、ドーサのランチセットメニューは以下のようになります。

A:プレーンドーサ、サンバル、ココナッツとトマトのチャトニ、アプラム、天ぷら、紅茶(アイス又はホット):950円

B:マサラドーサ、サンバル、ココナッツとトマトのチャトニ、アプラム、インド春巻、ワダ、辛いスープ、お好きなソフトドリンク:1100円

C:マサラパニールドーサ又はキーマドーサ、サンバル、ココナッツとトマトのチャトニ、アプラム、サモサ又はタンドリーチキン、ワダ、お好きなソフトドリンク:1250円
※以上、ほぼメニューからそのまま表記


渋谷のサムラートドサハウスでの価格を考えると、ものすごいリーズナブルですね。
Bセットを注文しましたが、ここで疑問が。
ドーサセットにはサラダが付きません。
出されてしまったサラダはどうしたものか。
手を付ける前だったので店員さんにその旨を告げると「メニュー変更してサラダを付ける事にしたんです」との事です。
その事自体は良いんですが、メニュー表を変更しないと誤解を招くと思いました。

さて、しばらくするとまずはヨメさまのカレーがやってきました。

カルカッタ3

サモサ付きのセットにしました。
カレーには豪快に生クリームが回しがけしてあります。
ヨメさまが楽しみにいただきましたが、一口「辛い!(´Д`;)」との反応。
え、そうなの?と私もいただきましたが、確かに辛いです。
ナンは標準のお味。サモサはスパイスが効いた具がぎっしり入って美味しいです。
しかし、カレー自体がかなり辛いのとしょっぱいので、ヨメさまは厳しそうにいただいてました。
お店側としてはきっと生クリームを足して辛さ調整したという事でしょう。

しかし、ムットさんのところでは融通は効きますし、辛かった時もそう言ったら一旦キッチンに下げて、ココナッツミルクなどを足してマイルドにしてくれた事もあります。
そういう事もあって、この時点でヨメさまはドン引きですm(_ _;)m
かなり困ったなぁと思っていると、私のドーサがやってきました。

カルカッタ4

ドーサ、でっかすぎです!(゜Д゜;)
これには驚きました。
パパドが乗っていて、隠れてしまっていますのでセットの中身については順に紹介します。

カルカッタ9

まずはドーサ。
薄くてパリッパリの生地であまり酸味は感じずに、ほのかな甘みが感じられるようなお味でした。
あまり油っぽくもなく、かなり上手に焼かれていると思います。
中にはジャガイモのポリヤルが入っています。
辛さは控え目で、美味しいです。

カルカッタ7 カルカッタ8

ココナッツとトマトのチャツネが2種類あるのも嬉しいです。
これをドーサに付けていただくと抜群に美味しいです!
他にもワダやアプラム(パパドの事らしいです)を付けても美味しいです。

カルカッタ5 カルカッタ6

パリパリのパパドの下にはフワフワの食感のワダ、タマネギのかき揚げみたいなもの、バターライス、サンバル、ラッサムと並びます。
サンバルは唐辛子がゴロゴロ入っていましたが、辛さは標準です。
豆の味を感じられるスープに大きくカットしたナスやトマトが入っていて、美味しいです。

ラッサムにも豪快にカットされたトマトが入っていました。
ニンニク、ショウガの味も効いています。
あまりタマリンドによる酸味はなく、飲みやすいお味でした。

サラダが付いていたからか、インド春巻は付いてきませんでした。
下にまとめてある皆さんの訪問記事を見たところ、メニューの変更は定期的に行っているようです。

英語メニューなので食後まで気付きませんでしたが、サンバルのお替わりが無料のようです!
この値段でほとんどミールスのものにドーサを付けてるだけでもすごいのに、サンバル無料ってのはサービスし過ぎだと思いました。

私は非常に満足しましたが、ヨメさまは「二度と行かネ!(`曲´#)」とヘソを曲げてしまいましたm(_ _;)m
実家に帰るまでの電車でも不機嫌だった事は言うまでもありません。

さて、こちらのお店はお料理のレベルはとても高いと思いましたが、それをお客に伝えるプレゼン能力は少々足りないのではないかと思いました。
夜のメニューも見せてもらいましたが、北インドのメニューがメニュー表の9割を占めていて、最後の1ページだけ南インドの表記で、しかも英語です。
夜はミールスに相当するサウスインディアン・ターリーが1450円で、しかも予約なしでいただける(サンバルはお替わり無料!)のは素晴らしいと思いますが…。
NOBLEさんの訪問記事で以下のように書かれてありました。引用させてもらいます。

「a」に「ダッシュ」が付くのは、展開の良さと料理の質の高さは認めながらも、イマイチ心地よくないことによる。
分かりやすいようにハッキリいうと、どこか「日本の客を甘く見ているのでは?」…と感じる点。
重複するが、一番「売り」となるメニューを英語のみで書かれていたり、薦め上手で色々と、店の売り上げアップに有利な情報は(饒舌に)与えてくれても「サンバルお替わり自由」という、南インド料理ファンにとって大変重要なことを「説明しない」のはいかがなものか?
いずれにせよ、真のお客本位サービスを提供できればもっともっと心地よいお店になると思う。


以上です。
高評価をしていても、ぶった斬るんですね(ノ∀`)タハー
でも私も同感というか、少々モヤモヤしたものを抱えたのは事実です。

特に最近ムットのメニュー作成に関っていて「見せやすくシンプルに伝えるにはどうしたら良いか」という事を考える事が多いので、余計そう思いました。
せっかくお客さんが沢山入っているお店なのに勿体ないなぁ…という印象を持ちました。

次回は北口のお店に行って、はぴいさん達が悶絶したチーズナンを注文して、ヨメさまにはご機嫌を治していただこうかと思います。
それでは、失礼します。

※NOBLEさんの記事にはトラックバックを送らせてもらいます。

東西線沿線は抜群に強い!
デリーさんの記事はコチラ(2006.12.13)です。

はぴいさんの記事はコチラ(2007.01.24)です。

curryvaderさんの記事はコチラ(2007.01.27)です。

なんとAa'の高評価!
NOBLEさんの記事はコチラ(2007.03.14)です。

祝!食べ歩き200軒!
サントーシーさんの記事はコチラ(2007.04.22)です。

なぜかサントーシーさんの職場の方達と同行f(^^;)
samuraiさんの記事はコチラ(2007.04.27)です。


【店鋪情報】

スパイスマジック カルカッタ南口店

住  所:東京都江戸川区西葛西6-24-5
     周辺地図はコチラ
電話番号:03-3688-4817
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
休  日:なし

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク
« ヨメさまのご... ジンナーのフ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (スー)
2007-09-17 14:34:34
インド料理の分らないスーなんか行ったら注文できませんね。(笑)
 
 
 
>スーさんへ (USHIZO)
2007-09-17 14:40:59
こんにちは。いらっしゃいませ!

いや、スーさんが訪問したら日本語表記のメニューを
注文すれば大丈夫だと思いますよ。

良いお店なんですけど、何とも勿体ないというか、
モヤモヤしたものが残りました。
西葛西の駅周辺に協力なライバルのインド料理屋が
出来てくれるのが一番良いんですけどね。

それでは、失礼します。
 
 
 
Unknown (kfuji)
2007-09-17 18:06:36
ランチだと、キーマドーサあるんですね。

夜しか行ったことがないのですが、
客層から言ってインド率がとても高いので、
ある種日本人なめてる、といっても仕方ないかも
しれませんね。
#日本人ナンがないとかごねるしw

実は先日デリーダルバールにお伺いしたのですが、
ドーサはダルバールのほうが美味しいように
感じました。
オーナーの方(後で名刺いただいてかの藤田さんということを知ってちょっと恥)
のホスピタリティもよかったですね。

ここ数年インド料理が浸透してきたので、
そろそろ本式に近いインド料理だけ出していれば良い、
というフェイズではなくなってきたのではないかとも思う今日この頃です。

ついでに、ですが。
スガワット4店舗をすべて中心となって運営されておられた佐藤さんが、
先日退職されたのですが、これがどう影響するのか、今後がとても興味深いです。
 
 
 
夜に行きたいですね。 (サントーシー)
2007-09-17 21:18:24
味は良くても居心地が良くない・・・。
なるほど流石はNOBLEさんですね。
ちょっと遠いのですが、
前回食べ損なったミールスのチェックに行きたいものです。
 
 
 
>kfujiさんへ (USHIZO)
2007-09-17 22:47:28
こんばんは。いらっしゃいませ!

>先日デリーダルバールにお伺いしたのですが、
>ドーサはダルバールのほうが美味しいように
>感じました。

好みもあるかと思いますが、甲乙付けがたいですよね。
でもスブラ・マニアンさんは納得いかないと捨てて
しまうくらいですから、デリーダルバールの方が
美味しいかもしれませんね。


>ホスピタリティもよかったですね。

そうそう。それなんですよね。
2階のハンディを補って余りあるホスピタリティは
特筆ものだと思います。


>スワガット

そこはまだ訪問した事がないので、今後訪問して
みたいですハイ。

それでは、失礼します。
 
 
 
>サントーシーさんへ (USHIZO)
2007-09-17 22:49:07
こんばんは。いらっしゃいませ!

さすがはNOBLEさんですよ。
Aa'なんだから黙ってても良いのにねぇf(^^;)

しかし確かに居心地という点においては疑問が残るのも
事実でした。
夜のサウスインディアンターリーは気になりますねぇ。
機会を作って再訪したいものです。

それでは、失礼します。
 
 
 
Unknown (masa72z1)
2007-09-18 00:22:11
ここに食べに来たんですね。
私の庭で何度か食べに来ています。
ご連絡頂ければ・・・

確かに初めて行った時はミールスのメニューは
渡さない、日本語表記も無い、
値段は変わらず、内容が急に変わるなど
疑問な点も多いですね。
店員さんの気分でサンバルの御代わり自由も、
説明がありませんで、初めて行った時に悔しい
思いをしました。

正直、開店当初は良かったのですが、
味のバラつきも多い気がします。

何か大切な事が見えていないみたいですね。
遠慮なく責任者に伝えてみたいと思います。
 
 
 
Unknown (curryvader)
2007-09-18 00:59:33
そうそう、確かに英語メニューにしか南インド料理メニューないんですよね。
まあインド料理=北インド料理という日本人の認識があるのは間違いないのですが、
少しでも南の味を全面に出してほしいものです。
 
 
 
>masaさんへ (USHIZO)
2007-09-18 12:33:09
こんにちは。いらっしゃいませ!

あらら、masaさんのお膝元でしたか。
今度から東西線沿線に出向く時はでりーさん、masaさんに
連絡させてもらいます。

>悔しい思いをしました

そこなんですよね。
お料理の味は良いのですが、お客満足度が必ずしも
高いとは思えないところがとても勿体無く感じました。
店員が外国の方だけならまだしも、日本人の方が
接客していてそうだったのですから…。

そういえばNOBLEさんじゃないですが、おしぼりの
提供自体がありませんでした。
ナンやドーサなどをいただくのに、紙ナプキンのみは
ちょっと厳しいかなぁと思いました。

とにかく、悪評が広がらない内に改善されることを
願います。

それでは、失礼します。
 
 
 
>curryvaderさんへ (USHIZO)
2007-09-18 12:37:25
こんにちは。いらっしゃいませ!
そして長旅お疲れ様でした。お帰りなさい!

南インド料理のメニューの方が出来が良く感じましたので
隠れメニューみたいにしないで自信を持って
提供してもらいたいですよね。
サムラートドサハウスくらいの潔さが欲しいです。

あとは大阪のティラガのように、しっかりと
メニューに南の写真付き説明が欲しいところです。
vaderさんには大阪旅行をされる時にはティラガに
訪問していただきたいと思います。

それでは、失礼します。
 
 
 
来週に・・・ (かりん☆)
2007-09-19 21:57:51
西葛西にお友達がいるので、来週誘われていく事になっています♪

タイムリーで嬉しい情報ありがとうございました。今回のバナナリーフアポロでは日本語メニューを最初にだされて、そこにはミールスのセットの表記もなく、ジェスチャーで伝えたのですが(笑)

日本でこのようなこともあるのですね。
是非夜のターリーをいただいてみたいです。
 
 
 
>かりんさんへ (USHIZO)
2007-09-21 00:34:52
こんばんは。いらっしゃいませ!

ぜひともシンガポール仕込みの英語でミールスメニュー
出せや(゜Д゜)ゴルァ!と言ってもらいたいです(ノ∀`)タハー

夜ターリーは私もいただいてみたいと思っているので
感想を非常に楽しみにしています。

それでは、失礼します。

 
 
 
今日行ってきました♪ (かりん☆)
2007-09-28 01:33:51
今日行く予定になっていたので、この記事をはいけんしてとても参考になりました♪

とても美味しかったです!!
ありがとうございました♪
 
 
 
>かりんさんへ (USHIZO)
2007-09-28 17:56:10
こんばんは。いらっしゃいませ!

参考になって何よりです。
サンバルお代わり可のアナウンスは気まぐれなのか、
それともお客さんによって
(大人数のパーティーのお客さんにとか、かりんさんの
ような可憐な方とか(ぇ))
する、しないがあったりするんでしょうかねぇ。

次回は食いっぱぐれないようにしたいです。
でもサウスインディアン・ターリーがプーリーか
パパドかなどの選択が出来るというのは、良心的に
なったと思いました。

それでは、失礼します。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。