後山の子明石のふるさと自慢&オカリナ日記

主な内容・・・①後山の子明石のふるさと自慢、②趣味のオカリナ&コカリナ日記、③趣味の新聞投稿、④愛唱歌「山の子の歌」

作詞・作曲の第3弾「後山川宮ノ下」がほぼ完成しました

2016-11-06 21:16:47 | 作詞・作曲
 「カモン伝説」「ソウケンギョウ歩こう歌」に続いて、作詞・作曲の第3弾「後山川宮ノ下」がほぼ完成しました。ここでは歌詞のみを披露しますが、作品を見て貰わなければならない人があるので、その際のアドバイスを受けて微細な表現が変わるところがあるかもしれません。メロディーは、五線紙に清書した楽譜を印刷し、機会があれば歌またはオカリナで披露したいと思います。

            後 山 川 宮 ノ 下

                        作詞・作曲 後山の子明石

1.後山川は 行者深山の清流集め 瀬戸に向かって流れ出す
  宮ノ下の渓流 谷底を 稚児の淵から大谷滝まで  総検行のふもと 流れゆく

2.春はミツマタ サクラ・コブシの花びら浮かべ 秋は紅葉が風に舞う
  稚児の淵は 悲恋の淵か 大谷の大蛇伝説  歴史の遺産 養蚕風穴

3.夏の盛りは カジカガエルの涼声に 釣り人たちの影映す
  宮ノ下の 石段下りりゃ 夏越祭りの供物の舟が  淵を回りて 流れゆく

①行者=行者山=後山  ②深山=駒ノ尾山  ③稚児の淵(ちごのふち)=稚児淵(ちこぶち)
  ④総検行=総検行山  ⑤養蚕風穴(ようさんふうけつ)=後山風穴
  ⑥夏越祭り(なごせまつり)=後山神社の夏祭り
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東粟倉ふるさと祭りで「H~... | トップ | 「県北ちまた友の会」の第2... »

コメントを投稿

作詞・作曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。