在イタリア、ソムリエワインノートとイタリア映画評論、他つれづれ appunti di degustazione

ソムリエ 20年、イタリアワインのテイスティングノートと、なぜか突然のイタリア映画評論、日本酒、日本茶、突然アートも

かなり良くできてる悪質メール

2017-04-04 11:12:43 | もろもろ、つれづれ
クレジットカードを読み取ろうとするメールは日常茶飯事に来るのでそう引っかからないのだが、引っかかりそうになったメールがある。

携帯電話会社からの払い戻しのお知らせ、である。
二重に払ったので、その払い戻しとのことである。

私は家は電話も携帯もTIM、つまりTelecom Italiaを使っている。



差出人名がちゃんと Telecom italia-TIM で

この手のメールはアドレスも必ず見るのだが、これも、ちゃんと

servizioclienti@telecomitalia.it (TIMカスタマーサービス)となっている

少し疑ったのは、二重払いした金額が 37ユーロ 
この金額で請求が来たことはないはずだが(少なすぎ、またぴったりの金額はあり得ない、もしかしたらウン年前のものかも?と思った。
でも、電話会社に支払いは、電気と違って結構しっかりしているはず。
(電力会社は3年か、それ以上経って追加払い請求が来る。。。。)

もう一つ、動詞が丁寧語の ha を使わず、hai になっていること。
この手の請求にしてはフランクすぎ。

添付を開けて(本当は開けないほうが良かったのだろうが)、記入し始めた。
(ここまでしたら実はヤバかった???あれ〜)

しかし、ここでふっと、大きな疑問がわいた。

この手の請求書は銀行口座からの引き落としになっている。
ところが、なぜか、クレジットカード番号を記入してください、とある。
ここで気が付いたなんて鈍臭い〜と思うだろうが、それだけよくできていたのである。

もし使っている携帯会社が違ったら最初から悪質メールと気がついたと思うが、たまたま使っている会社からのメール。
皆様もご用心。

で、また同じメールが来た。
今度は無視。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« La parucchiera di Stefano I... | トップ | 今年の世界のベストレストラ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

もろもろ、つれづれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。