在イタリア、ソムリエワインノートとイタリア映画評論、他つれづれ appunti di degustazione

ソムリエ 20年、イタリアワインのテイスティングノートと、なぜか突然のイタリア映画評論、日本酒、日本茶、突然アートも

木の樽、その以前のオークに関して

2017-04-20 22:37:09 | イタリア・ワインABC
Civiltà del bere、今年の2冊を購入したわけだが、 第1号にとても興味深い、樽、オークなどについての特集があった。

この雑誌は以前からとても面白いとは思っていたが、ますます面白くなっている。



ちょっとこれから数日忙しくなりそうで、さわりだけ。

オーク関しては、当然知っていることも多いが 、実は知らないことの方が多いと認識。
いろいろな発見。

--------

木の樽の初めての使用は紀元前5世紀、エトルリア人によると思われる
広めたのはガリア人
そこで、フランスで発展している

高品質のバリックと質の劣る木樽は比較の対象にならない

もっとも良い種類は quercus sessiflora, quercus peduncolata
樹齢は180−240年のもの

それより若い場合は、木が熟していいない
それより年をとった場合は、木の繊維に弾力がなくなる

木はまっすぐ、きめ細かいものがよく、コブなどがあってはいけない
良いのは、痩せた土壌、砂質、雨量が少なく、温度が平均して低いところ

良質産地は、フランスの中央部に集約される
Allier, その中のTroncais(わずか12、5ヘクタールしかない)
そして、悪くないのはVosgi

18-30ヶ月の乾燥期間が必要
生の木は50%の水分を含む
少なくとも15%にまでにする必要がある
この乾燥には数年かかる
積み重ねた木は、上の方が乾燥しやすいので1年に1度は積み替える必要がある

この間、乾燥するだけではなく、木の中で生物学的変化が起こり、香りや味わいが変化する
1本の良い樫の木で得られるのは平均してバリック2つ分
それは20%程度で、残りの80%は他に使用される
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Franchetti 2014 e 2015 Pass... | トップ | ラム マスタークラス トロワ ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。