在イタリア、ソムリエワインノートとイタリア映画評論、他つれづれ appunti di degustazione

ソムリエ 20年、イタリアワインのテイスティングノートと、なぜか突然のイタリア映画評論、日本酒、日本茶、突然アートも

フィレンツェ ドゥオーモ美術館 Firenze Museo dell'Opera del Duomo

2016-10-16 19:01:56 | もろもろ、つれづれ



少し前だが、珍しく、フィレンツェの休日をいただいた。
やる仕事はあるので、ホテルで少し仕事、しかし、せっかくなので、昨年の秋にニューリアルオープンしたドゥオーモ美術館に行ってみることにした。
もともと好きな美術館だったのだが、昨年の秋の法王フィレンツェ訪問の機会にニューリアルしようと、かなり前(たぶん2年くらい前)からずっと閉まっていた。

ところで、これを逆に考えると、法王のフィレンツェ訪問は2年ほど前から決まっていたわけで、他の都市もそうなのだろうか??と思ってしまった。
すごい計画性。。。

さて、ドゥオーモ周辺の建物はどこも何度も入っているので、ドゥオーモ美術館だけ見ればそれで良かったのだが、今は5箇所が全部入れる48時間有効の共通券しかない。
5箇所は、教会(無料、これはチケットがなくても入れる)、教会地下のサンタ・リパラータ教会、洗礼堂、ジョットの塔、ドームで、15ユーロ。
1箇所だけみたい場合でもこの共通券しかない。

つまり、時間がなくて1箇所しか入らない場合は割高だが、2日間で全部見よう、という場合はかなりお得。

さて、日本人は時間がないので、ドゥオーモの中にも入らないことが多い。
これは、いつも列が長いこともある。(ピーク時は20分程度は並ぶ)
しかし、上手く時間を外せば5分で入れるので、ぜひ中に入っていただきたい。(前述のように、教会だけ入るなら無料)

いや、時間があれば、ドゥオーモ美術館の方から見た方がより分かりやすいと思う。
オススメ。

共通チケットは、ドゥオーモ美術館の入り口で買える。(または洗礼堂の入り口の前の建物)

中は、映像を生かした、飽きさせない、モダンな展示になっている。

ドゥオーモの建設の様子とプロジェクトの変更の様子がうまく映像で紹介。

洗礼堂の天国の扉と北側の扉(どちらもギベルティの作品)が表と裏の両方から見れる。
(洗礼堂にあるのはコピー)


北側の扉

ミケランジェロの晩年の作品の一つ、ピエタ(ドゥオーモのピエタ)もある。(個人的に大好き)

かなり面白いのが、ブルネレスキのドゥオーモのドームの模型や、あの強大なドームをどうやって造ったか、簡単な映像で紹介。(イタリア 語と英語で交互)

他、ドナテッロのマッダレーナ像や、数多くのオリジナル作品が展示され、思ったより大きい。

欠点は、各部屋に番号が分かりやすく付いているので、その順番を行けばいいと思ったのに、15番の部屋あたりから隣の部屋へと移ってみると、突然22番になったりして番号が飛んでいる。

チケット売り場にパンプレットが置いてあるので、それを見れば迷わないのかもしれないが、最初は気づかず。
うまく番号順に進めばいいと思ったのだが、番号が突然飛ぶのにはびっくりした。
次の部屋を探してあっちうろうろ、こっちうろうろ。終いには係員に順路を聞く。

どうしてこんな部屋順になっているのか聞いたら、最初に「外の作品」(上へ)、そして、「内部の作品」(下へ)を見せる、という趣向になっているのだそうだ。
そこで、ヨコへスライドすると番号が飛ぶ。。。

まあ、それはともかく、先にこちらを見てから、ドゥオーモ、そして洗礼堂の見学をすると分かりやすい、全体像がつかみやすいと思う。

場所は、ドゥオーモの真裏。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« T.N. 06 20013 Thomas Nieder... | トップ | フィレンツェ ドームには予約... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。